田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
激甘★スィーツ大国
2006年07月11日 (火) | 編集 |
アメリカのスーパーの毒々しいケーキ




男の子用、スパイダーマン
20060902115243.jpg


 アメリカのケーキ全部が全部、こんなに毒々しいわけじゃないけれど・・・



アメリカのケーキ、チョコ、クッキーの類の甘いお菓子の甘さは尋常じゃない。
たまぁ~に、そこまで甘くないお菓子に出くわす事もあるけれど、それもまれ。

もう一度言うけれど、その甘さは尋常じゃぁぁぁない。それプラス、デカさが加わっている。

普通に生活している分には、避けて通ればいい。買わなきゃいいだけのこと。

しかし・・・誰かの誕生日パーティーのケーキや、誰かが一生懸命作ってくれたケーキやお菓子類、誰かが張り切ってお勧めしてくれるチョコレートなど、どうしても避けて通れない時も多々ある。

そんな特別な場で、「(アメリカの)甘いお菓子は苦手なんよ~!」といえない小心者の私。それが例え買ってきたケーキでも、ハナから「結構です!」とは言えない・・・そりゃ、気を使っちゃうよ~

store-bought cake 買ってきたケーキ
※store-bought 市販の、買ってきた 

★be considerate of others/someone 気を使う、誰々に対して思いやる気持ち



「ちょっとでいいよ~f(^^;)」と本気でお願いしているのに、遠慮していると取られ、大きく切ったケーキを差し出される事もしばしば。

デーンと皿にのったケーキを見つめ、”もしかしたら、これはそんなに甘くないかもよ・・・」と自分に言い聞かせ、フォークで一口すくって口へと運ぶ。

いかん、やっぱし、本当~に甘い!!(ToT)・・・

一口だけ食べたのに、その甘さといったら、ありゃしない。
こめかみの血管にピーンと緊張が走る。甘さでむせるほど。
一体どれだけの砂糖が入っているんだろう???

veins on my temple こめかみの血管
★temple こめかみ
★vein 血管



このままケーキの全てを食べ続けることに身の危険すら感じる。
心底、体に悪そう。

まわりのアメリカ人は笑顔で「おいしい、おいしい」と食べ続けている。

ほんとかい?ほんとに、おいしいのかい?!

・・・と、こんな状況もあるけれど、だいたい2口食べた後「すごく、おいしいけれど、お腹がいっぱい♪」とその場を逃れる。

自分の身は守らねば。
気を使って体を壊して何になる?

クッキーも甘い。でかい。一枚のクッキーで私の手のひらを広げた位のもある。

一度、シカゴのイタリア料理のレストランで、ティラミスを注文したら、CDケースほどの大きさで高さ4cmの巨大なティラミスが出てきた。

のっているお皿は、日本のカレー皿のような、深皿。
付いて来たフォークは、普通サイズのフォーク。
これで一人分? 結局4人で食べてちょうどいいくらいだった。

もちろん、アメリカも広いから、程よい甘さでおいしいお菓子もモチロン存在するかもしれないだろうけれど、一般的にその甘さは尋常じゃない!と私は思う。



★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
納豆好きのアメリカ人♪
2006年07月07日 (金) | 編集 |
私が小学生の頃、学校給食で”納豆モナカ”なるものが時々出ていた。

school lunch 給食

fermented soybeans 納豆
※fermented 発酵させた



あの、アイス最中のように外側はモナカ、その中身は、シャリシャリに凍った納豆・・・たぶん、味付けは何もしてなかったと思うけど、なかなかおいしかったなぁ~

暑くなってきたし、また食べたいと思う今日この頃。モナカの皮(?)が手に入れば、うちでも簡単に作れそう。


SSはアメリカ人だけど、最初っから納豆が大丈夫だったクチ。

初めてSSを実家の夕食に誘った時、うちの父が、「これは食べれないだろう、へへッ!」と面白半分に(ホント)、”お約束”の外国人に対する納豆洗礼。テレビ等で得た知識、”一般に外国人が苦手とされる日本食”をSSで実験したかったのだ。

You can't eat this, can you? これは食べれないだろう?、んえ~っ?



ワクワクを隠せない、ニヤけた父に差し出されたニョロニョロの納豆を、においを嗅ぎもせず、SSはパクパク食べ、意外にも「うん、Not bad!」とケロッとしていた。期待を裏切られた、うちの父はガッカリ

slimy ニョロニョロ、ネバネバ、ニュルニュル

Not bad. 結構いける



それ以来、SSは今でも納豆大好き。
今は日本に住んでいるので、納豆買い放題。刻んだネギをのせてチュルチュル納豆をすすって、食べている。「やっぱりネギをかけないとね!」とネギなし納豆では不満そう。納豆の糸の切り方も箸で素早く、チャチャッと慣れたもん。

SSは料理が大、大好きで、ほとんど毎食、彼が料理をしてくれるけれど、納豆お好み焼き、納豆カレー(微妙)、納豆汁、納豆卵焼き・・・と納豆のレパートリーもどんどん増え続けている。最近では黒豆納豆にもはまっている。

彼のアメリカに住む友達陣には”腐った、糸引き豆”でしかないに違いない。SSの前世はきっと日本人だったに違いないと感じる、多々ある理由の一つが納豆が平気な事・・・まぁ、私がおいしいと感じるものを彼もおいしいと感じてくれる事は、ありがたいことです

previous life 前世




★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
テーマ:相方は外国人
ジャンル:海外情報
マンゴーに注意ッ!
2006年07月04日 (火) | 編集 |
マンゴー皮膚炎にやられた、あの悪夢の7月から、早1年。
そんな皮膚炎があることすら知らなかった1年前。

あれは~去年の7月中旬、楽しみにしていた、久々のヨーロッパ旅行の出発1週間前、うちの父が、初めて行った屋久島から、お土産にマンゴーとパッションフルーツを1箱ずつ買ってきたので、「わーい、トロピカルフルーツ食べ放題ッ!」と、喜び勇んで、家族みんなでかぶりついたのです。

souvenir お土産


・・・そう、マンゴーにかぶりついたのがいけなかった!!

その夜から、唇の周りがなんだか、妙な感じになりだした。
最初は、唇の皮膚が、フニャフニャはがれそうな感覚で、日にでも焼けたからかな?とその夜は、大して気にしてなかった。

次の日から、唇がチリチリうずきだし、鏡で見ると、唇にプチプチ小さい水泡状のできものが出来はじめた・・・3日後には唇全体が、ウズウズ、ウズウズして、腫れ上がり、痛みもある。

My lips were swollen and irritated. 唇が腫れて、ウズウズ炎症を起こしていた。
※swell 腫れる swollen(過去分詞)
※irritate 炎症を起こさせる、ひりひりする



さすがに、これはおかしい・・・!と皮膚科へ行くと・・・、
「これはヘルペスですね」とヘルペスの薬をもらった。ヘルペスぅ?!なんじゃそりゃ?!と思って、ネットで調べると、なんだか怪しい病気。おまけに人にうつると書いてある。再発するとも書いてある。旅行も間近だと言うのに、どうするよ!!!・・と、どーんと暗い穴へ突き落とされた気分

で、おとなしく、皮膚科医にいわれたとおり、もらった薬を塗り、錠剤も飲みはするけれど、唇はどんどんひどくなるばかり。水泡が割れて汁まで出始めた。(生々しくてごめんなさいよ。)唇だけではなく、鼻全体、唇の周りまでもが、麻痺している。

oozing 汁が出る
Sorry, it's too graphic. 生々しくてごめんなさいヨ
※graphic 生々しい



こりゃ、なんかおかしい!
4日目にもう一度、皮膚科へ行くと、「うーん、おかしいですねぇ、薬が全然効いてないですねぇ・・・あの、もしかして、最近マンゴー食べました?」「(えっ、どうしてわかるの?)は、はい・・・」「あぁ、じゃぁ、マンゴー皮膚炎ですよ!時々いるんですよねぇ、マンゴーにかぶれる人!」・・・なんだぁ!ヘルペスじゃないのかぁ、ホッ!

マンゴー皮膚炎用の薬の数々を処方してもらって、帰ってインターネットでさっそく検索してみると、本当に存在するする、マンゴー皮膚炎。

なんでも、マンゴーはウルシ科の植物なので、皮からかぶれる人もまれにいるそう。ウルシもかぶれるらしいしね。

このマンゴーが私の初マンゴーだったわけではない。
私はタイフードが大、大、大好きで、これまでにもデザートのマンゴープリンや、マンゴーが入ったパフェなど、色々なマンゴーを食べてきたけど、皮膚炎になったことなどない。

たぶん、マンゴーに皮がついていない状態だったからだろう。あの、皮がどうもいけないらしい。今回食べたのは、マンゴーを縦に皮付きで四つ割りにしただけだったので、皮の汁が唇についたに違いない。

旅行へ立つ直前にマンゴー皮膚炎とわかってよかった。心強い軟膏と、飲み薬さえあれば、もう大丈夫!

突き落とされた穴から、一気に元の旅行前の明るいヒラヒラな世界へ舞い戻る。唇はパンパンに腫れ上がってはいるけれど、アンジェリーナ・ジョリーのようとも思えるさ。「ほう、タラコくちびるとは、このことかい」と、鏡に見入る。もらった軟膏を塗ると、ますます、艶やかなジョリーのセクシーリップ♪

その状態で、楽しみにしていたヨーロッパ旅行も始まったのでした。そのタラコくちびる状態で、観光しましたよ、はい。

薬が効いて、旅行2日目くらいから、やっと腫れが落ち着き始め、赤みが強い唇と、頻繁に塗り塗りする軟膏のテカリのおかげで、まるで、お化粧しているかのよう♪(私は普段、化粧はしない)

もう、皮ごとマンゴーは絶対食べないぞ!
果肉のみのマンゴーもちょっと怖くなったが、どこにも触れないように、まっすぐ口の中へ入れればいいだろう・・・と思ってはいるけれど、あれ以来、マンゴーとは疎遠。おいしいのにねぇ・・・

こうやって、大事な旅行前には必ず、何かしら、しでかす私。

It's always something. いつも何かしらある、起こる。


今年も旅行前の7月に入ったので、去年の悪夢が蘇る・・・・
今年は何もない事を祈る!!


・・・ちなみに、生徒さんにこの話をしたら、彼女は超安いマンゴージュースを飲んでかぶれたそう。”超安い”マンゴージュースは要注意かも。皮まで絞ってるんじゃないのかな??



★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:果物・フルーツ
ジャンル:グルメ
活き造り
2006年06月29日 (木) | 編集 |
今日の大人会話レッスンで・・・
生徒さんの一人が、活きのいいサザエを買って来て、自宅で壷焼きにしたという話から、いつもの様に話が広がり、オーストラリア(一部の州?)では甲殻類の活き造りが禁止されているという話まで辿り着いた。

turban shell サザエ 
※ターバンはあの、頭に巻くターバン。確かに形が似てる~

turban shell cooked in the shell つぼ焼き
※貝の中で調理するということ。



彼女が、まだ生きているサザエの中にまず、お酒を入れ、その後に醤油を入れて、コンロの魚グリルの中へサザエさん達を見送る際に、旦那さんと二人で手を合わせて”成仏してくださいね”・・・と言ったそう。

その話を聞いて、他の生徒さんが、(ふざけて)「わー!ひどい!生きたまま焼くなんて!」・・・で、そこから、シュルシュルと話はイカの活き造りと、貝を生きたまま焼くのと、どっちが残酷かのディスカッションに発展。

イカの活き造りは、箸でつついても色が変わるだけで、細胞は死んでいるので、イカは痛みは感じないという人と、SSは、イカは体の色を変えることで、仲間とコミュニケーションするので、助けて!と命乞いのサインを必死で出しているのでは??と言い、そういう食べ方をアメリカではしないと説明しだした。(参照:イカづくしでゴメンなさいf(^^;)

live squid イカの活きづくり
eating live squid イカの活き造りを食べること



SSがアメリカで見た唯一の、生き物を生きたまま調理するのは、ロブスターだけだそう。

沸騰した大きな鍋に生きたままロブスターを入れて茹でるのだが、まだ動いているロブスターが煮えくり返る水の中へ入れられるシーンは、かわいそうな気もする。(・・・だから、すぐにフタを閉める)

cooking alive 生きたまま料理する事



他の生徒さんが言うには、オーストラリアでは甲殻類の活き造りが禁止されているそうで、海老やロブスターをじわじわゆっくり殺すのもダメだそう。調理するには一気に殺す。・・・知らなかった~ 

残酷&可哀想だから・・・というのがその理由。
(参照:オマール海老の”オマール”って? あと、こちらも:カニ味噌を洗い流すぅ?!

I heard that a lobster supposed to be killed instantley before serving preparation.ロブスターを調理する前に一気に殺すことになっているそうだ。

cook 料理する(火を通す)
prepare 調理する(火を通さない、刺身や、サラダやサンドウィッチやら・・・)



話は白熱したが、私個人的には、生きたまま調理や、食べるのは、確かに残酷だけれど、日本人はそういう食習慣があるのだから、それはそれで、いいのじゃないかと思う。

おいしいし。日本人でも活き造りが嫌いな人知ってるし、SSが活き造りに反対しているわけではなくて、彼も活き造り大好きなのだ。

あくまでもレッスンでディスカッションやフリーカンバセーションをして、自分の考えを英語で話す・・・それが目的♪



★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:食文化
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。