田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エアコンなしの猛暑(*_*)
2006年07月12日 (水) | 編集 |
うちの生徒さん、ごめんなさい。

クーラーがなくて、ごめんなさい。(参照:ちょっと気が早かった?

なんでも、電力が足りないらしい。アンペアがなんとかと・・・
クーラーをつけれる電力が足りないって、この貸家に入居前に不動産に言われた。

電気のことはよくわからないけれど、今の時代、クーラーなしで、英会話教室やってます。

今日なんか、家の中で32℃・・・(*_*)
教室の網戸を全開して、背の高い扇風機を微風に入れて(じゃないと、扇風機の近くのお姉さんのヘアが乱れる。)、皆さんで、汗を拭き拭き、レッスン。1時間のレッスン中だけ、我慢して下さいと言う事で、ご協力いただいております。

ご理解、ご協力、本当にありがとうございます。

ラッキーな日は、そよ風が入ってきて心地よい事もあり、田舎は良いですねぇ・・・とほめて(?)頂く事もあります。そんな日が続くと良いけど。

そういえば、アメリカで住んでたduplexでも、冬のセントラルヒーティングはあったけれど、夏はエアコンがなかった。イリノイは冬はマイナス10度以下になるくらい寒いけれど、夏はしっかり30度以上で、かなり暑い。

duplex 外から見たら一軒家なんだけど、玄関が二つあって、2世帯入っている二つの玄関があり、中はパッキリ二つに分かれている貸家



SSの両親が、”私たちの健康を考えて”窓に取り付ける方式のエアコンを買ってくれた。・・・SSの両親は生まれてこのかた、セントラルヒーティング、エアコン・バッチシの家以外に住んだ事がない。いつもバッチリclimate controlされている生活なので、私達の自然に生きるやり方は理解が出来ないそう。

air-conditioner クーラー、エアコン



ちなみに、家中を暖めるセントラルヒーティングのシステムは戦時中に既にアメリカでは一般化が進んでいたみたい。私がアメリカのアンティークショップで買った、1945年のBetter Homes&Gardens の間の広告には、色々な会社のセントラルヒーティングの広告が載っている。さすがアメリカ、進んでる~!

climate control環境制御 夏は涼しく、冬は暖かく、屋内を快適な温度に保つシステム



その、買ってもらったエアコンを、寝室の窓に取り付けたけれど、涼しいのは良いが、音がうるさいのなんのって!まあ、そのうち、騒音にも慣れたけれど、おかげさまで、快適に眠れた。

SSの両親の家に泊まる度に、真夏でも、トレーナーや、長ズボンをしっかり持って行かないと、凍えてしまう。なぜって、彼の両親の家は常に、21~23度以下にエアコンを設定してあり、私には肌寒くてしょうがない!

sweatshirt トレーナー



キッチンシンクの、真下には、ちょうど、洗い物をする時に流しに立つと、つま先に直撃するように通風孔があり、ひぇーっ!と寒さに声が出てしまう。

vent 通風孔



アメリカの人って、寒さに強い!
レストランでも、クーラーききすぎ。
そんな中で、平気でキャミソールやヘソ出しルックをしているお姉さん方。私はブルブル震えているというのに。
レストランに行く時も必ず、長袖の羽織れるものを持って行かないと、寒すぎる。
冷え性という言葉にも無縁のよう。

今年もしっかり、暖かい格好をアメリカに持っていかねば。



★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:シンプルライフ
ジャンル:ライフ
渓谷でリラックス~
2006年07月10日 (月) | 編集 |


今回、私達が行った龍頭泉・・・きれいな所です♪




昨日は暑かった~!!

朝起きて、すだれの向こうに青空とモクモク白い雲がくっきり見えた。土曜日までのどんより天気とはコロッと変わり、もう、夏~!

おぉ、今日は登れるかもしれない!!とSSは大はしゃぎ。

梅雨の週末ごとの雨続きのせいで、SSはもう3週間も、ずっとクライミングができないでいる。(参照:山の中で読書♪

He hasn't been able to go climing for over three weeks. 彼は3週間以上、クライミングにいけないでいる。
※”haven't/hasn't been able to +動詞” で、”ずっと~できない”になります。 継続して何か出来ない状態ですね~



はやる気持ちを抑えきれないSSと、とっとと朝ごはんを済ませ、車で1時間半先のいつものクライミングエリアへ・・・

私達の車には温度計が付いていて、外の気温がわかる。自宅を出た時は10時前だったけど、すでに32度。車に座っているだけで、背中が汗で、じっとりになる・・・あぢ~!・・・ちなみに車にエアコン付いているけれど、ほとんど使わない。窓を全開して自然の風をエンジョイが常。

山の中のクライミングエリアは27度とずいぶん涼しい。ひんやりした空気が木々の間から車に入ってくる・・・あぁぁぁ、気持ちいい~

クライミングの場所へやっと着いて、早速、岩の状態を偵察に行った。

自然の岩場は、前日までのシトシト雨続きのせいで、岩がまだ濡れている。岩が濡れてちゃ、クライミングは出来ない。 後から遅れて来ているクライミング仲間のCJに電話し、やっぱり登れそうにない事を伝える。じゃぁ、しょうがないから、プランBだね・・・


Oh, well・・・Let's do plan B. じゃぁ、しょうがないから、プランBをしようか
★”Oh, well...”は、「しょうがないな」、「ま、いいか」・・・の、よくない事を受け入れる時のフレーズ。ため息混じりに言いましょう。肩をすぼめると、さらに雰囲気でます~
★plan B 予備の計画



ちゃんと、こういう時のために、バックアップ・プランのプランBを用意していたのだ。クライミングエリアのすぐ近くにキレイな峡谷&滝があり、そこで泳ぐ&リラックスするのがプランBでちゃんと水着も用意してきたのだ。

山道をグリグリさらに、滝エリアへ、車で10分。
車を止めて、道路から、下のほうに見える峡谷へ、サンダルで階段を降りると、滝が水しぶきを上げている。

この暑さのせいで、峡谷は家族連れ、カップルでにぎわっている。

遊泳禁止の看板があちこちにあるけれど、泳いでいる大人、子供はアチコチいっぱいいる。せっかく自然のプールがあるのに、こんなに暑い日なら、使わない手はないじゃない?何か事故が起きた時に、責任問題にならないように、遊泳禁止と書いてあるのだろう。町側としては、人々に公共のプールに行って、お金を払って泳いでほしいのも本心じゃないかな?

いつものごとく、岩場から滝つぼにダイブして遊んでいるSSとCJをよそに、私は木陰で昼寝をしたり、滝つぼに肩まで浸かって涼んだ。

ちょうど前日にパワーヨガのやりすぎで、全身筋肉痛だったから、リラックスできて、ちょうどヨカッタ・・・

My whole body is sore.全身筋肉痛
※”こり”の痛みはsoreを使います。
I have a sore neck.= My neck is sore.どちらも”首がこっている。”
Are you sore? こってる?





★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
テーマ:自然の中で
ジャンル:ライフ
こじんまりした自然
2006年07月01日 (土) | 編集 |
夏・・・暑くなって来ると、SSとその友達が川へ泳ぎに出掛ける様になります。

私も気分次第で、一緒に泳いだり泳がなかったり・・・と言っても、泳ぐと言うよりは、冷たい川に浸かって涼をとるのみかな。

take a dip = dip in the river 川につかる



彼らは高い所にある岩から川へダイブするのに熱中。ロッククライマーなもんで、クライミングとダイブ両方ができるってわけです。

岩がツルンとして、水がジャージャー流れている所は、滑り台のように滑り落ち、川が自然のアミューズメント・パークと化してます。

こうやって、毎年、夏の暑い日には、川に涼みに行くのが恒例。

今日も友達のCJ(例の破壊魔CJ。詳しくは→踏んだり蹴ったり・・・く("0")>)が、うちに突然寄った際、玄関に入るなり、「あち~ッ!泳ぎに行こう!」と私達に提案。

stop by 立ち寄る、寄る



うーん、でも、最近ずっとひどく雨が降ってたし、今日は晴れてるからと言って、油断は出来ないじゃない?・・・と私達の腰は重いけれど、CJは、やる気満々!

treacherous river (今は落ち着いて見えるけど)油断がならない川
※treacherous (大丈夫そうに見えて実は)危ない、油断が出来ない



まあ、様子を見るだけ見てみようということで、ドライブがてらに、川へ行く事に。

川の下流の平地にある私達の家から、涼しい川からの風を受けながら、山へ入る事、車で10分。岩がゴロゴロした、緑鮮やかな、泳げる川へ到着。

んーっ、山の中の空気はひんやりして、心地よい・・・♪

車から出て、下方にある川を見ることもなく、その、ゴォーッという、激しい水の音を聞くだけで、やっぱり、今日は泳げないと察知・・・

いつも滑り台に使っている、つるりとした岩の周りは、轟々と音を立てる激流が真っ白い泡を立てて、水かさもいつもよりだいぶ多い。

やっぱし、今日は泳げない。

でも、ま、水の激しい音と、川から吹き上げる冷たい空気に触れながら、生き生きした周りの緑を見ているだけで気持ちいい~

しばし、3人で、「これが日本のいい所の一つだよね~」とこのお手軽に自然を満喫できる事に感謝。

アメリカに住んで、その広大さに直に触れてからは、日本の、こういう、自然の地形やキレイな滝、川、海などに、お気軽にササッと行ける、地形のこじんまりした便利さに気付いたのです。

アメリカのような広大な自然も、もちろん素晴らしいし、大好きだけれど、「今日は海が見たいなぁ」「山歩きしよう!」「川で石を探そう!」と、思い立ったら、お気軽に車でピューッと1時間以内で、その欲求が満たされるって、日本はそういう点では恵まれてるな~といつも思います。

私が住んでいたイリノイでは、一番近くの海に行くまで(東海岸)車でハイウェーを飛ばしても16~17時間、近くの山へ行くにも、同じくらいの距離を走らないと、辿り着けない(ToT)
陸地に住んでいながら、大海の中のちっぽけな孤島に住んでいる気分・・・

カリフォルニアのどこかなら、1日のうちに山でスキーして午後は海でサーフィンができる・・・とも聞いたことがあります。アメリカも場所によっては、近くに色々な自然がある所もあるでしょう。ちなみに私はスキーもサーフィンもしないので、もっと、こじんまりした自然でいいです。どこかありませんかねぇ・・・

こういう自然関連の便利さも、私達にとっては大事な要素です~


★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
テーマ:自然の中で
ジャンル:ライフ
アジサイを頂きました
2006年06月13日 (火) | 編集 |
ajisai


教室の生徒さんから、アジサイを頂きました。
濃い紫が映えてとてもキレイ♪

うちの庭にもアジサイは咲いているけれど、赤紫色で、頂いたアジサイのようにみずみずしくないんですよね。

英語でアジサイは・・・hydrangea アジサイ

ギリシャ語で”水の器”という意味だそう。

hydr-はギリシャ語で”水”を表し、angeion(=vessel)は器を表しています。
そういえば・・・他にもよく使うhydr-関係は・・・

hydroponic 水耕
hydrant 消火栓
hydrophobia 恐水病 ※phobia「…恐怖症, …嫌い」の意味ですよね。
hydrogen 水素

・・・と、わかるようになります。まだまだ見つかりそうですね。

英語も、単語によっては、こんな風に漢字のような部首があって、それを知っていれば、単語を見て、大体何のことを言っているのかわかる事ありますよね。こういう語源も一緒にして覚えると、英語はますます楽しい!(for me)



★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。