田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菜食・・・ますますエスカレート
2008年06月24日 (火) | 編集 |
肉類、マーガリン、化学調味料、スーパーの総菜を食べなくなって、牛乳を飲まなくなって、もうすぐ丸一年・・・

この1年は食べ物に関して、一番変化の多い1年だった。

食品添加物、保存料等、台所にないような、薬品名のような化学物質は、できる限り避け、
食べ物を買う時は、パッケージをしっかりチェックして、ちょっとでも怪しいものが入っていたら、買わない。

パートナーのSSも、進んで、この”自然なものを摂ろう!キャンペーン?!”を実施。二人で、趣味の領域。

なんといっても、この食生活が、とにかく気分がいいもんで、やめられない。

気分がよくって、何事もめんどくさいと思うことが少なくなった。やる気が湧いて、どんどん、何でもこなせる。

野菜がドンドン美味しく感じる。野菜の歯ざわり、繊細な味、レシピによって七変化する味わいに、本当に、ますます虜になっている。野菜フリークよ。

そうなると、もう、なんだか、魚類も食べたいとは思わなくなって、自然に量が減ってきている。海藻は食べるけど。ちょっと前までは、菜食をしているけど、魚は大好きだから、止めれないと言っていたのに。

週末の楽しみだった、刺身、貝柱のカルパッチョ、海老料理も随分、ご無沙汰。
特に食べたいと思わない。

先週は私の誕生日だったけど、外食もしたいと思わないので、家で私が皮から手作りした、春巻きに雑穀もちあわを中華風にトロット炊いたものを入れて、揚げて食べた。おいしかった~♪

外食も、どうしても、お付き合いで断れない時だけ、この1年で2~3回ほどだけ。

とにかく、なにより、野菜、野菜を食べたい!

体が欲しいものに、すごく正直になっている。二人とも。

卵も近所の自然に鶏を飼っている卵農家の、有精卵を配達してもらっていたけど、卵を食べることにどうしても違和感を感じ始めて止まらなくなった。

去年の春に、庭に落ちていたので、うちで育てていた雀のヒナが死んでしまってからは、鶏の卵さえも愛おしくって、食べるのが気が引けるようになったのも一因かな。

6月いっぱいで、この卵の配達もやめることに。



体にいいもの、自然な食事をしていると、どんどん、料理を作るのも楽しくてしょうがなくなる。
以前は、料理が好きなSSに料理は任せっきりだった。

それがいまでは、私も料理にハマっている。本気で、楽しい。

メンドクサイ・・・なんて思わなくなった。

塩や醤油、お酢などの基本調味料も材料がしっかりして、伝統的な製法で作られたものを使って、シンプルな味付けで野菜がますます美味しい。

毎食事はもちろん、パンも保存食もガンガン作っている。作ることが楽しくってたまらない。

保存食は、梅干し、はちみつ梅、しそ漬け、洋風ピクルス、ショウガの味噌漬け、・・・パンは自家製天然酵母を2種類育て、毎日、手捏ね、HB使用でガンガンパンを作りまくり。食パン、ベーグル、ピタパン、ナン、ピザ生地、パン生地を冷凍したり、焼いたパンを冷凍したりと、疲れを知らない。手作りスイーツも、もちろん作って二人でお茶を楽しむ。

このように、二人とも料理をしたいので、二人で、料理係の取り合いっこしている。毎日作りたいものが目白押し。

1ヶ月くらい前までは、食事のテーブルにノートパソコンを置いて、インターネットのニュースなんかを見ながら、食事をしていたけど、それも、やめた。

食事中にニュースなどの動画が妙にうるさく感じるようになったし、気が散って、イヤになったから。
しっかり、食事に集中したい。二人で会話を楽しみたい。
ますます、食事の味が楽しめるようになった。

毎食が楽しくてたまらない。美味しくって、心が温まって、こんなにいいことに早く気づけてよかった。SSもおんなじ気持ち。感謝・・・!の毎日。
豆乳チーズでピザ♪
2008年06月19日 (木) | 編集 |
s-024.jpg


トロリ~ととけたチーズのような、この豆乳チーズ・・・

こちらのサイトのレシピを参考にした。
斬新なアイディア!

おいしいし、言わなければ、チーズだと思って食べてしまいそう。

ここ1年、乳製品も食べなくなった。頂き物のクッキーやお菓子に入っている微量の乳製品は気にしない。そこまで厳しくなる必要もないし。アレルギーがあるわけでもないしね。

乳製品は1年ほど積極的には買ってなかったけど、チーズだけは別だった。なにせSSはチーズが大好きで、携帯2個分くらいの大きさのチェダーチーズや、ゴーダを一人でペロッと食べてしまう。

夜10時過ぎの危ない時間帯でも、家にチーズがあったら食べてしまう。
横でおいしそうなチーズを食べられたら、こっちまで我慢がきかない。駄目だと思いつつ、手が伸びる。・・・後悔・・・まぁ、そのテレビの前でのlate night悪習慣も、ここのところの早寝早起きで、全くなくなった。夜遅くまでテレビを見ていると、お腹が減るもんね。お酒も飲みたくなるし・・・だから、早く寝る!

そんなチーズ好きのSSも最近は、チーズを食べた翌日はsnotty(鼻水がズルズル出ること)になるし、太るし、チーズを作るための牛乳の無理やり乳を搾り取られたというfactは嫌だし。
参考こちら→牛乳の真実 

牛乳が体にいいか悪いか賛否両論があるけど、積極的に買わなくてもよいかな。

・・・ってことで、
SSは自分からチーズは極力食べない!と言いだした。私はどっちでもいいけど、家にないなら、そこまで食べたいとは思わないけど、ピザにはチーズがのってたらおいしいよね。

ネットや、本で色々なチーズ代用品があることを知り、色々試している。

豆乳カッテージチーズもおいしい!
自家製酵母のベーグルに塗って食べると、幸せ感じる~♪
作り方は、この本に載っていた。

中島デコのマクロビオティック パンとおやつ中島デコのマクロビオティック パンとおやつ
(2005/07)
中島 デコ

商品詳細を見る




なんてったて、豆乳代用チーズはチーズよりも体によさそう。脂肪分も低そう。

この、トローリ豆乳チーズがあれば、ピザも引き続きエンジョイできるね~♪
テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ
マーガリンはやめましたッ!
2007年11月05日 (月) | 編集 |
今年の7月。毎日毎日、朝食のトーストに塗り塗りして食べていた、マーガリンをやめた。本当に急に。
なぜかというと・・・

何気にサーチしてみた言葉。”恐ろしい マーガリン”。

知り合いのお医者さんがマーガリンは食べないという。理由云々は全く聞かなかったけど、かなり気になっていたので、↑のサーチワードを入力した・・・でるわでるわ、知らなかった事実・・・


近くのスーパーで、ネオソフトを100円で売り出しやってる時は2、3個買いだめしていたよ。今考えると、おそろしぃぃぃ!


で、知れば知るほど、「マーガリンって食べ物じゃない!」という結論に。残りのマーガリンはSSと二人で「キモチワルッ!」と捨ててしまった。

マーガリンやショートニング、食品の裏の表示に”植物性油脂”と書いてあるものは、トランス脂肪酸が含まれているそうな。

トランス脂肪酸 trans fatty acid(TFA)通常はtrans fatと呼ぶ

アメリカではトランス脂肪酸を使っている製品には表示義務があるそう。0(zero)Trans fat って表にもセールスポイントとして堂々と書いてある。

もっとトランス脂肪酸のことを知りたくなったので、ネットで調べてみるといっぱい検索に引っかかる。

ネットで見つけた、興味深いトランス脂肪酸のサイト。

危ない食品■ショートニング - ■


◆「プラスチック化」された油脂=トランス脂肪酸




◆その他、トランス脂肪酸リンク

http://tabemono.info/report/former/10_kiji.html

ここがヘンだよ肉食大国ニッポン!


arterial sclerosis 動脈硬化

partially hydrogenated 部分的に水素添加(トランス脂肪酸が使われている際にアメリカで表示義務)




マーガリンも丸々油だし、体に良くなさそう・・・とは思っていたけど、トランス脂肪酸ってプラスチックと同じとネットで知ってからは、もう、使うのやめた!わざわざ体に悪いものにお金を払って、大事な体に与え続けてたなんて、恐ろしすぎる!


代わりに今は、手作りパンにはマカダミアナッツ・オイルを塗って食べる。・・・塗るというよりはディップ?

この味、一度知ったらやめられない~。SSも私も、大好き♪ 何と例えようがない、柔らかぁぁな味。油なんだけど全然重たくない。パンとの相性、かなりいい。 アーモンドオイルや、ヘーゼルナッツオイルも試したけど、一番おいしいのは、マカダミアオイルだね! 

マカダミアナッツオイルの脂肪酸には、肌の老化を抑えるというパルミトオレイン酸(POA)が多量に含まれているそう。

POAはさらに脳の血管に入ることができる数少ない物質の1つで、脳血管を強化する効果があり脳卒中や痴呆を予防することも報告されているらしい。ってことで、脳疾患予防効果もあるわけね。

パルミトオレイン酸の詳しい説明サイト

あと、マカダミアオイルは食べるだけじゃなくって、寝る前に直接肌につけるのも、おすすめ。肌への浸透性がとっても良いのが塗ってすぐわかる。翌朝もちもちのお肌を触るのが楽しみになる~

パルミトオレイン酸は、年齢を重ねた肌を柔軟にして老化を防ぐ効果もあるそう。

■ マカダミアナッツオイルの特徴

人の皮脂に含まれ、加齢と共に減少するバルミトオレイン酸を20%以上も高濃度で含む稀有なオイルです。また、ビタミンA、B、Eなどの微量成分が肌を柔らかく保って保湿してくれるので乾燥肌にも適しています。

肌なじみが良く吸収が早いことから「バニシングオイル」=“消えてなくなる油”と表現されています。







 マカダミアンナッツオイル

 

本当においしいよ~! 
すぐになくなるから1ℓ缶買っちゃッた(*^_^*)

テーマ:コレ知ってる?
ジャンル:ライフ
やったぜ!銀杏の季節ッ
2007年10月19日 (金) | 編集 |
いつも行く野菜直売所で、ギンナンを見かけるようになった!ギンナン大好き~♪

ちなみにギンナンは英語でgingko(ギンコ)という。アメリカでもイチョウの木は見かける。アメリカも広いんで、気候分布が色々あるから見かけないとこもあるかもしれないけど、私が住んでいたイリノイ州ではあったよ。

ありはするけど、ギンナンを拾って食べる現地人はいなかった。でもッ!この季節、イチョウの木に群がっている人々はいた・・・アジアの人々・・・中国人、日本人、韓国人。アメリカの現地人は見向きもしない”臭い実”を一家総出で拾っている。・・・私ももちろん拾ってたけどね。

臭いよね、ギンナンって。うちの母からギンナンの実を拾ったら、土の中にしばらく埋めて洗ってから、干す・・・と聞いたので、そうしたけど、やっぱり臭かった~

簡単にギンナンを調理する方法も母から聞いた。
厚手の茶封筒に殻に入ったギンナンを入れ、口を2回ぐらい折り曲げて閉める。そして2分ほどレンジでチンするだけ。しばらく、ポンッ!ポンッって破裂する。後は塩をつけながら食べるだけ♪ギンナンおいしい!


どわい好き!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。