田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカと日本★求人の違い
2006年10月05日 (木) | 編集 |
アメリカで職探しをする際の、会社に提出する履歴書には年齢は勿論、性別や、家族構成、自分の写真などの情報は全く要らない。

resume 履歴書

job hunting 職探し、求職活動



要らないというより、書いてはいけない事になっている。

連邦法により、雇用者は人種、性別、国籍、年齢などを理由に雇用にかかわる決定をしてはいけないそうだ。



アメリカでは履歴書は手書きではなく、パソコンで打ったものを大量にあちこちの会社に送ることもザラ。

自分らしい”色”を出すために、履歴書用のこだわりの紙を選ぶときも、材質や色を吟味する。



日本では、履歴書は一枚一枚、手書きで”誠意”を見せないといけない。

”字は体を表す”という考えも日本にはあるから、きれいな字で自分をアピールしないといけない。

履歴書に貼るための写真も上半身だけでも、こざっぱりとしたリクルートファッション。



日本では求人広告にはしっかり、求む25歳までの女性、昭和何年生まれまでだとか書くのが当たり前のよう。

アメリカでそんな事を会社が求人に書いた日には、”差別!”と、裁判沙汰にもなりかねない。絶対書けない!

discrimination 差別



イギリスもつい最近までは、求人に25歳までなどという年齢制限を
書いていたらしいが、それも、ついになくなったとCNNで見た。

日本もそのうちなくなるだろうか・・・??
なくならないだろうねぇ(+_+)



★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:異文化を楽しむ!
ジャンル:海外情報
世界の上空へご案内♪
2006年10月04日 (水) | 編集 |
Google Map にはまっている。

●Google Mapへジャンプ●

NASAの航空写真を使っていて、世界中のありとあらゆる地域の航空写真を見ることが出来る。

地図とオーバーラップして見ることも出来て、今自分が世界のどの辺を飛んで(?)いるのかも分るようになっている。

地域によっては、車や、人が歩いているのが、はっきりと分るものもある。



今までに旅行した地域や、行った事のない地域、友達が住んでいる所を、ビュンビュンと飛行機に乗っているみたいにドラッグして見て行くと、楽しい♪

アメリカの上空はもちろん、ウチの教室から行った、ホームステイで、
イギリスのワイト島でお世話になったホストファミリーの家もすぐに見つけた。

行ったことがない観光地の上空も、見知らぬ国の街の風景もとても興味深い。


勿論自分の家も見れる。ウチの車が止まってる!実家を見たり、普段見ることがない住んでいる地域の上空写真もおもしろい。


色々な国の色々な地形を見るのは楽しい。飛行機に乗っているみたいで、気分も爽快!

世界は広いので、まだ見てない地域もいっぱいある。

いやはや、未来だねぇ・・・なんとも便利だわ~♪





★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:★私のお気に入り★
ジャンル:趣味・実用
ビックリ(゜_゜;)★シンガポール
2006年09月25日 (月) | 編集 |
知り合いがシンガポールへ旅行へ行った話をしてくれた。彼女は、シンガポールに住んでいる日本人のお友達を訪ねて行ったそう。

シンガポールの事は、ほとんど知らない。

でも、マーライオンや、街の清潔さは、聞いたことがあったし、ガムを街でペッと吐き出すのもダメだと言う事も知ってはいた。・・・が、今回さらに聞いた話によると、


●ガムを路上にペッと吐きだす事はもちろん、ガムの輸入、ガムを売ることも禁止されているそう。

Spitting out gum is prohibited by law. 法律でガムを吐き出すことは禁止されている。

spit ~を吐き出すの動詞。 名詞ではツバも意味する。 
prohibited 禁止されている



●突然、査察が家に来て、ボウフラの発生源となる、植木鉢やプランターの受け皿にボウフラがいないかチェックされる。もし、ボウフラがいたら、罰金。だから、マレーシアでは蚊が少ないらしい。

mosquito larva ボウフラ
※mosquitoは蚊のこと。larvaは、幼虫の意(ラーヴェと発音)




●車の所有について
 
 国で車の台数制限があるので、購入権を得ないといけない。しかも、関税や所有権などが高額で、購入には1千万円近くかかることも。

 ①所有権、300万円(10年分を競りで買う。)
 ②車の本体価格 (普通車で200万くらい?)
 ③関税が自動車価格の50%。
 ④登録料が150%。

 税金の安い車は、赤いナンバープレートをつける。この赤いプレートの車は、週末の夜7時から、翌朝7時までしか乗れないらしい。

 国土が狭いので自動車の数の制限が徹底しているのだろう。


●車が汚れていると罰金を取られるそう。


fine 罰金



・・・他にも、タバコは公共施設では吸えない、タバコの広告も禁止など、私にとっては、うらやましい法律もあるそうだが。



いや~、世界は広い。
色々な事情があるもんだ~・・・と、彼女の話を聞いて思った。

異文化の事を知るのは、楽しい♪





もっと詳しくシンガポールの罰金の事が知りたい? 
法律と罰金制度(シンガポール情報局)へ


★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


テーマ:異文化を楽しむ!
ジャンル:海外情報
ハイウェイとフリーウェイの違い(・_・).....
2006年09月14日 (木) | 編集 |
生徒さんの一人から、「アメリカの高速道路にはトイレがありますか?」・・・と聞かれた。

もちろん、ありますとも!

rest area 日本で言うパーキングエリア、サービスエリア



ただ、日本のサービスエリアのように、売店や、レストラン、食堂があるわけではない。公衆トイレ、スナック菓子やキャンディー、チョコレート、ソフトドリンクの自動販売機があるぐらい。至ってシンプル。働いている人がいない、無人のパーキングエリアだ。

vending machine 自動販売機





20060914140219.jpg



ちなみに、フリーウェイとハイウェイの違いは?

この二つ、ほとんど違いはないそうだが、おおざっぱに・・・

●アメリカではフリーウェイが通行料のかからない、信号機もない、高速道路のこと。(一部例外あり)

●ハイウェイがアメリカ国土を東西南北に、州をまたいで走る、高速道路のこと。ルートナンバーにInterstateの略、「I」がつく。通行料はかからない。

●toll road/tollwayが有料道路のことで、都市部に多い。通行料金(toll)を払わないといけないが、1ドルだけだったり、3ドルだったり、道にもよるがさほど高くない。



rest areaには、食堂やレストランはないが、ハイウェイを走っていると、あと何マイルで、ファーストフードや、レストランがありますよ・・・と看板が出ている。

通行料はタダだから、食べたくなったら、それらの看板が高々と出ている出口で降り、食べてからまた、ハイウェーに戻れる。

ホテルも同じ。途中で、モーテルや、ホテルの看板があれば、そこで降りて泊まり、またハイウェーに戻る。



ここで・・・
「アメリカはいいなぁ、日本の高速道路は高すぎる!」・・・と言いたくなるが、日本は山あり谷あり、トンネル通したり、橋を架けたり・・・と、複雑で高度な工事を要するので、しょうがないと言えばしょうがないかな?

・・・と道路公団の肩を持っているわけではないけど、ほとんどまっ平らの、ただ、ドーンとアスファルトを敷くだけのアメリカの高速道路工事は簡単かも。国土が極端に狭い日本では、高速料金が安すぎると、利用者が殺到して、高速道路の意味もなくなるだろうし。ドデカイ国土を持つ、アメリカだからできることかな?

日本の国土は狭いんだけれど、高速料金が高いのと、一般道路のスピードも極端に遅いせいで、なかなか遠くまで簡単には行けないから、実際、狭いという感じがしないのは、私だけだろうか?



20060914140243.jpg
 半分にした家がハイウェーを移動中・・・配達中?




★ブログランキング参加中・・・もしよかったら、お好きな方のバナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

応援ありがとうございます♪



テーマ:異文化を楽しむ!
ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。