田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨガ~♪
2006年07月14日 (金) | 編集 |
なんだか、ここの所ヨガが流行っている・・・
私はヨガが流行る以前から、ヨガの瞑想やら、体をゆっくりストレッチできることに魅力を感じ、シュルシュル、細く、長く続けている。ヨガのスピリチュアルな部分にも大いに興味がある。

体はまだ硬いけれど、大好きなアメリカのヨガ講師Baptisteの口癖に、いつも、なるほど~!とヨガの基本を感じることが出来る。シンプルなフレーズだけれど、ヨガだけじゃなくって、人生一般にも通じる気がしする。

"Yoga pracitice is about letting go.
Just let go.
It's not about how far you can stretch.
We're not trying to keep up with anyone.
Just let go and feel your body.
It's not about how far you go into a pose.
It's just about feeling.
It's not about getting something from a pose.
It's just about experiencing your body more deeply."

let go 忘れる、振り払う、心配&過去の事などから開放される・・・ということで、”無になる”という感じかな?

Baron Baptiste "Journey Into Poser"より  

Journey Into Power Level 1 Journey Into Power Level 1
Baron Baptiste (2004/03/30)

この商品の詳細を見る


・・・SSもヨガに興味があるので、時々、座敷を開け放し、ヨガDVDを見ながら、一連の動作を二人でやっている。

特にBaptisteのDVDは、何でヨガをやるのか、何でヨガがいいのかを、簡潔明瞭に織り込みながら、ヨガの流れを教えてくれる。何度やっても、生きる姿勢までも教えてもらっているようで、終わった後はスッキリする。

DVDのインストラクターによっては、流れだけ言うだけで何もメンタルな部分で得られない物足りない人もいる。

今は、こうして家でヨガをやっているけれど、しばらく地域のカルチャーセンターでお得な価格でヨガクラスをやっていたので、2年ほど通ったこともあった。しかし・・・

1時間半のレッスン時間のうち、45分間は、みっちり準備体ほぐしにとられる。毎回、毎回。

まぁ、安いからしょうがないかと、3ヶ月の更新の度に継続をしてきたけれど、いい加減飽きてきた。

1回のレッスンで習うポーズも3,4ポーズと少なく、それも、ほとんどが寝てやるポーズ。腰に悪そうな腹筋を鍛えるポーズも毎回必ずやらされ、案の定、腰を痛めた。それが私に、やめる決心をさせたかな。

週毎に交代で教えてくれるインストラクターのうちの一人は、動作の指示が、まるで録音したのを再生しているかのように、毎回最初から最後まで、全く同じ指示の流れ。棒読みでないのがせめてもの救い。おまけに、ほぐしの部分を丁寧にやるので、足の指一本ずつ、眼球をほぐしたりと、まぁ、私が求めているヨガの動きとは程遠かった。

ヨガにも色々スタイルがあるらしく、このクラスは、リラックスが第一目標なんだろう。リラックスできるのは、瞑想もできてある意味、心地よいけれど、流れ作業みたいに同じ事ばっかり機械的にやるなら、うちでDVD見ながら、お安く出来るのではと思い始め、やめちゃった。

これなら興味のある、パワーヨガもできる・・・(うちの辺りでは、隣の県に行かないとパワーヨガが習えない)2年習った、地元のほぐしヨガも、リラックスしたい時にやれば良い。何も無駄にはなっていない。

Nothing is wasted. 何も無駄にはならない。どんな経験も、事柄でも、全てがプラスになる要素がある



アメリカに里帰りの際には、両親の家の近くにある、SSのお母さんがメンバーのヘルスクラブに短期メンバーとして入れてもらい、ジムはもちろん、水泳、アクアビクス、ピラティス、ヨガ等などのクラスを受け放題になる。

ヨガクラスにも色々なリラクゼーションのクラスから、早朝ヨガ、パワーヨガと、一日に色々なクラスがあり、滞在中に出来るだけ参加するように毎回している。

日本の私が受けていた、”ほぐしと準備運動だらけ”のクラスとは違い、このヘルスクラブのヨガでは、いきなりポーズに入る。インストラクターごとに、動作の指示だけでなく哲学めいた話など、ためになる話も教えてくれる。

レッスンを受ける部屋に入ると、初対面のインストラクターとは、必ず自己紹介をしあう。クラスメイトも初対面同士、自己紹介。すぐに友達になれる。このアメリカの、すぐに知らない人とも打ち解けれるカルーイ感じが好きだなぁ・・・英語自体が、初めから気軽に話ができる言語で、妙に気を使わなくていいのはラク。

スポーツは苦手だけれど、ヨガのようなストレッチ系だったら、楽しみながら細く、長く続けられる。

この夏に会う友達の中に、弁護士をやりながら、ヨガのインストラクターもやっているMSがいる。今年も、集まった友達一同、汗だくになりながら彼からヨガを教えてもらえる。あやしい光景?!


★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
テーマ:美容と健康
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
へえー、こうしてみるとヨガすごいですね!私もビデオを見てやってはみたけど、結構腰に無理がかかる体勢があって続きませんでした。終わったあとの精神的リラックス効果はあったんですがねぇ。ヨガ講師の先生の口癖、いいこと言ってますねー^^私が見ていたビデオは、アメリカで買ったのになぜかイギリス英語の発音でした・・・。イギリス人の先生だったんでしょうね。今度するときは、体に無理がいかないものを探してみないと・・・。

それと、アメリカってちゃんと仕事がありながら、副業?で別のことしてる人いますよね!友達のお父さんは、弁護士でありながら、消防士でした。多分ボランティアのだと思いますが。
2006/07/15(Sat) 06:23 | URL  | Kaeuly #mQop/nM.[ 編集]
Kaeuly さん、
そうですよ!気をつけないと、ポーズによっては腰を痛めてしまいます(ToT)  体にいいと思ってやっているのに逆に体を傷つけたら何にもならない!   
アメリカの学校の先生も、バンバン副業持ってますよね。特に夏休みは日本のように仕事がないのにわざわざ学校に出る必要が無い代わり、給料も夏休みの分はでないから、夏の間、他の仕事するそうですね。
本業がそんなに忙しくないから、副業ももてるんでしょうけど~あるいは、本当にしたい事が副業だったり・・・
2006/07/15(Sat) 08:02 | URL  | ミミチャイチャイ #-[ 編集]
そうですね!健康のためにヨガをして逆に体痛めちゃったら意味ないですね。
アメリカは、夏の間は他の仕事したりするんですねー!副業でも、仕事でしたいことができるって幸せかも・・・!日本でも、研修医とかの場合、当直のバイトの方がお金もらえるからといって、知人はガンガンバイトを入れていました^^;
2006/07/18(Tue) 12:07 | URL  | Kaeuly #mQop/nM.[ 編集]
うちに来ていた生徒さんで、大学病院に勤めているドクターが、ハワイに4ヶ月出張が決まったからと、家族を連れての滞在費を稼ぐために、開業医のクリニックや別の病院などで当直のバイトを入れて、バンバン稼いでました。研修医でなくても、できるみたいですね。
うちの夫のお父さんは、小学校の校長をしてたのですが、夏休みはもちろん、school yearの週末も地域の農協みたいな所や、靴屋でアルバイトしてたそう。日本では校長先生が、副業を持つなんて考えられないですよね!
2006/07/18(Tue) 12:41 | URL  | ミミチャイチャイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。