田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカのスーパーの袋
2006年06月21日 (水) | 編集 |



Tシャツの再利用で出てきた、スーパーの茶袋。アメリカの袋類もかわいいデザインなんですよね~。なんて事ない宣伝やラベルでもかわいくて絵になる。こういうのも好きなんです。ヘヘッ f^^;

アメリカのレジで会計をしてもらう時、まず、レジに必ずいるbagger(袋詰め係)から、早口で

「Paper or plastic?」ビニール袋か紙袋か?

と聞かれます。そんな時は一言

「Plastic, please.」ビニールお願いします

とサラッと短く言いましょう。

私達はビニール袋をいつもお願いしてました。大量に食品を買ったわけでもないのに、袋に小分けして入れてくれるので、1回の買い物でも袋5~8枚はざら。でもピラン~ピラン~の薄い袋なので、破れやすいから、家に帰ってもまた使える、生き残りは半分ぐらいです。

レジ係がバーコードをピッ!ピッ!とやっているそばから、このbaggerがどんどん袋に詰めてくれるので、助かります。



この袋の数・・・!


マッチョなお兄さんbagger


★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。