田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイクロチップ★搭載ネコ
2006年06月13日 (火) | 編集 |
うちの猫、ミミは、飛行機でアメリカから連れて来た。

アメリカにいる時にhumane societyという、
もう、動物を飼えなくなった人や、まだ家族のいない
かわいそうな子猫や子犬を集めて管理している、
動物愛護協会のような施設からadopt(養子に取る)した。

動物愛護協会で養子に取るのは、アメリカでは
かなり一般的で、子猫や子犬が欲しいなら、
その施設に行って、たくさんいる(かわいそうな)
子犬や子猫の中から選んで、無料で引き取ることができる。

た・だ・し・・・!
予防接種を2つ位受けさせる事(確か)、
避妊手術を受けさせる事 ・・・が、条件。

Your cats have to get shots and be neutered. 
shot 注射
neuter 避妊する 
※中性という意味。車のニュートラルneutralもこの言葉から。




結局120ドル位合計でかかった。
でも、それは動物を飼うなら当然しなければならない事だけど。
猫ちゃんのためでもあるし。

このミミちゃん、かなりハイテク。

なぜかというと、首の皮膚の下にmicrochipが
埋め込まれているから。

その、microchipには、
飼い主のデータ(住所、名前、TEL#)が入っているので、
もしいなくなって、どこかで保護されても、
スキャナーに通せば、どこの猫かすぐにわかるというもの。

たしか、
今はマイナーな(だと私が勝手に思っている)ベッカムの
お子様達もmicrochipが埋め込まれていなかったけ?

humane societyからadoptした動物には標準搭載(?)らしい。



しかし、私達のアメリカの時のデータのままだし、
日本は迷子の動物にスキャナ通さないだろうから、
あまり意味はないけれど。

”hair factory”との異名を持つほど、
毛製造工場がフル操業のうちのミミちゃん。

お蔭様で、家中、毛だらけ、服にも私達の顔にも付いて、
モゾモゾ~。・・・これまた、かわいいから許しちゃうけど♪

日本でもマイクロチップを入れてくれるvet(獣医)が
あるみたい。

マイクロチップの事も詳しく書かれていた→Clinica Animal El Faro
mimi

お昼寝ばかりのミミ~♪



★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
テーマ:ねこ大好き
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
かわいいですね~ミミちゃん。
マイクロチップが埋め込まれてるなんて、
すごい! ハイテクだ~!
2006/06/16(Fri) 14:50 | URL  | ひよこ #-[ 編集]
いやぁ~、もう、ホントに親バカなんです。
でも完全にSSっ子なんで、片思い・・・グスン
2006/06/16(Fri) 21:13 | URL  | ミミチャイチャイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。