田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホタルの季節・・・
2006年06月07日 (水) | 編集 |
日本は今年もホタルの季節になりました。教室の生徒さんも「What's new?」の最近の話で蛍見の話がよく出てきます。蛍見のスポットも決まっていて、大勢の人が短い間だけの貴重なホタルを見に出かけるのが、この季節の定番になっています。

firefly ホタル

日本のホタルはかよわく、1ヶ月程の短い命で、甘い水(きれいな清流)を好み、ヨワヨワ・・・ヒラヒラ~~儚いイメージがありますよね。

私もアメリカに住むまではホタルと言えば、そんなイメージを持ってました・・・が!

私達が住んでいたアメリカ中西部(プレーリー辺り)ではホタルは全く、貴重な存在などではありゃーしませんでした。

うちの近所のホタルは、その国の人々のように、日本のホタルと比べて大きく、頑丈で、川はおろか、湖もないので、甘い水など無縁な土地で、図太く生きていました。

蛍シーズンも長く、夏の間中だから3ヶ月くらい、蛍の光を楽しめました。

6月に入る位から、何十匹ものホタルが庭のあちこちをブンブン元気よく飛びはじめ、庭仕事をしてると、うざったいほど。ブンブン・・・

毎晩、夜になると、歩道の脇に植えてあるオークの大木に、たくさんのホタルの光がクリスマスツリーのライトのようにのチカチカ瞬き、空中にも、これまた何十匹ものホタルがヒラヒラと光りながら漂います。

blink 光がチラチラ、チカチカ

その様子を玄関のステップにSSと二人座って、眺めるのが夏の夜の定番でした。
まさに、プライベート蛍ショー!

ホタルの群がる木の、遠く向こうに見える近所の家々の窓の灯りもやさしく、このまま、この眺めを切り取って額に入れたいほど、絵になるメルヘンチックな風景でした。

もちろん、日本に帰ってから、蛍見にも行ってますよ。しかし、日本での蛍見は風情はあっても、人が多いし、規模も小さいし、アメリカの蛍の思い出にはかなわないかなぁ・・・


ちなみ、アメリカでは蛍はこのように数が多く貴重ではないので、子供達が蛍のお尻から蛍光塗料を取って、それを顔や体に塗って遊ぶそうで、SSも子供の頃は、まぶたや目の下、頬、手の甲などに蛍の汁を塗って遊んでたそうです。

When I was a kid, we used firefly's bottoms as glowing body paint. 子供の頃、蛍のお尻の汁を蛍光ボディーペイントとして使ったもんだ

ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
テーマ:英語あれこれ
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
はじめまして♪
訪問してくださりどうもありがとうございます。私も旦那がJunkfoodの国の方でございます。私の住んでいるユタ州ではまったく蛍を見ません。せみもいません。Beeは多いですが。私も以前ハニーくんの仕事の関係で日本へ3年間住んでいました。もう日本へ住む予定は0なのでちょっと寂しいです(T_T)
では、お互いがんばりましょうね♪
2006/06/07(Wed) 16:52 | URL  | はな #-[ 編集]
蛍って、一度も見たことがない!
みてみたいなぁ。
夏の夜のプライベート蛍ショーなんて
最高に贅沢ですね!
いいなぁぁ
2006/06/07(Wed) 17:19 | URL  | ひよこ #-[ 編集]
はなさん、初めまして!
ユタ州ですか!行ってみたい州候補に入ってますよ~
ブライスキャニオン見たい!!
ユタにはセミもホタルもいないんですね・・・場所によって違いますね
また遊びに来てくださいv-22
私も覗かせていただきます
2006/06/07(Wed) 18:34 | URL  | ミミチャイチャイ #-[ 編集]
ひよこさん、ども!
北海道にはホタル、いないんですね!初耳~フムフム
ゴキブリもいないと聞いた事がありますが、本当でしょうか?
だったらうらやましいッスヨ!(突然少年漫画ノリ)
虫は苦手なんで、さわやかな北海道にあこがれる~
ちなみに、私達が住んでいたイリノイの家は札幌と同緯度なんですよ・・・
2006/06/07(Wed) 18:43 | URL  | ミミチャイチャイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。