田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植え替え祭り♪
2007年10月31日 (水) | 編集 |
観葉植物大好き♪
・・・なんだけど、買った時には活き活きしていた植物さん達も、うちに来た後は、みるみる元気がなくなっていく 

なかにはお亡くなりになる植物もある。チーン まぁ、ほとんどの植物はあまり大きくならなかったり、元気がなさそうなくらいで、枯れはしないけれどね。

いまいち何の肥料をやっていいのか、日当たりは十分か、それとも足りないのか、よくわからないで、元気のない植物達にたまに米のとぎ汁をかけるくらい。(白いご飯を炊いた時だけだけどね)

で、また、買っちゃったよ。ポトス↓と、




あと、アグラオネマ・コムタータム。映画「レオン」で主人公が大切に育てていた。希少種らしいが、何も知らずに買った私。ネットでチェックしたら¥3,000以上するみたい。¥580で買っちゃったよ。寒さに弱いらしいが、うちのような寒い家で越冬できるかな・・・↓



アグラオネマ・コムタータム



あと、ゴムの木?みたいなの。↓


 この木を見るとなぜか、'60年代や'70年代の印象を受ける・・・ダークな木目調のあの頃の家具に合いそう・・・なので、シブい植木鉢に植えた。


買ってきた新入りの方々を鉢に植え替えるついでに、他の成長に進展のない他の皆さんも植え替えることに。

鉢はいっぱいあるから、土を買わないと!で、いつもは腐葉土のみで鉢植えするけど、今回は、腐葉土の袋にお勧めしてあった配合を試すことに。初めて、赤玉土、日向土(軽石)、バーミキュライトでの土づくり。

大きな容器に、赤玉土50、バーミキュライト10、腐葉土40を混ぜ混ぜ。なんだか、小麦粉や砂糖を手で混ぜながら、お菓子作りでもしているよう。そして日向土(軽石)を鉢の底へ敷いて、配合土をその上に入れる。

元気のない皆さんを鉢から取り出すと、土がガビガビ状態。水を1週間に一度やっているにもかかわらず、乾燥していて、栄養0の様子。道理で。ごめんなさいよ。このスペシャルブレンド配合土で、元気に育っておくれよと、励ましながら、植え替え作業。

びっくりしたのは、家の中でハンギング鉢に入れていて、元気がなくなった折りヅルラン(?)を、外に出して庭木の下に5カ月ほど放っておいたんだけど、その瀕死の折りヅルランが、活き活き元気で見違えるようになっていたこと。濃い緑色、おぉ~、外の気候の荒波に揉まれながらも、こんなに成長して!と、微笑ましい。

この折りヅルランを鉢から土を出すと、土も適度に水分を含み、黒々と柔らか、栄養ありそう。外で、落ち葉や虫の死骸など、色々な養分が常に補給されていたのだろう。以前は枯れそうに色がうす~くなっていたというのに、外で自然の荒波にのまれ、逆に強くなって帰ってきた! かわいい子には旅をさせよ?!の感・・・↓





金の成る木(またの名をクラッスラ、英語ではjade plant)はも~、簡単、簡単、育てやすい。葉っぱを土に置いとくだけで続々新しい芽が出てくる。葉なしの丸ハゲ茎を土に刺しただけでも復活する。増えすぎたので、苗を作って、観葉植物好きな生徒さん達に配ったりもしてる。ペカペカの葉っぱがかわいいよね↓





植え替えが終わって、ジョウロで水をかけるとすぐに、皆さん、活き活きに見える。さっぱり、さわやか~な植物たち。このシャキシャキ元気さがずっと続くといいな~♪ 


他にもまだまだ、植え替えが必要な植物さん達が待機している。暇を見て頑張るぞい!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。