田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
醤油もどきは結構ですッ!
2007年10月08日 (月) | 編集 |
加工食品を避け、肉を避け、化学調味料や添加物を・・・これが入ってないのを見つけるのが大変なので・・・極力減らすようにしてはいるものの、どうしても避けられないしょうがない時もある。外食とか、実家でとか、家以外での食事は、しょうがない、出されたものは、よっぽどのことがない限り、食べる。

家では、しっかり避けて、シンプルなものを食べることができるけれどね。

実家では、母がしっかり昆布と鰹節でダシを取った・・・まではいいけど、煮物をするにも、うどんのスープを作るのも、加える醤油や薄口しょうゆは、”醤油もどき”なのさ。

裏ッ側の材料表示をチェックすると、「脱脂大豆」「保存料」「甘味料」「果糖ブドウ糖液糖」などなど、うちでは絶対使わない添加物のオンパレード。せっかく作ってくれている手前、これから、どっちにしろ自分も食べないといけない手前、母親にはその時は、何も言わないけれどね。お昼で、怪しいうどんを食べて、その後は、一日中後味が悪い。口の中が妙な感じ。実家で夕食の後は、とにかくのどが渇いて仕方がないので、お茶を飲みまくる。家に帰っても、のどが異常に乾くので、水をがぶ飲み。その夜は寝ていても頻繁にトイレに行きたくて、睡眠もとぎれとぎれになる。

けど、腑に落ちない。うちの母は中国産野菜は避けているのに、健康のためにと¥2000以上する「ナントカ液体カルシウム」を毎月買っているのに、こうして母の大事な家族と、まだ小さい孫達には、こんなん、醤油もどきを使ってしまう・・・知らないと言えばしょうがないが、ちょこちょこ、普段から、それとなく、「原材料はシンプルなもの、醤油なら「大豆、塩、小麦」くらいのを表示を見て買った方がいいよ」と情報提供していても、老眼で表示を見るのが億劫という理由からか、全く、変わらない。

自分たちのためでもあるのにね。父も母も60歳以上なんで、普段食べる食事は、醤油や薄口しょうゆの出番は私たち夫婦の食卓より多いのに。実家での食事の頻度も減ってきている・・・ごめんね

添加物にピリピリしている私たち夫婦が異常なのか、添加物まみれ、肉まみれで現実から目を背けているのが、正しいのか、本当の事に目を向けると、怖いのか、ま、人それぞれ、自分がしたいことをしたいようにすればいいだけさ。だけど、どっちの立場でも、ほかの人まで巻き込まないようにしないと。何でも押し売りはうざったいもんね。
スポンサーサイト
テーマ:ナチュラルスタイル
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。