田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新鮮で四季折々の野菜♪
2007年09月07日 (金) | 編集 |
日本の田舎で暮らすことの特にいいことは・・・地元でとれた新鮮で四季折々の野菜が安く手に入ること!

いやぁぁぁ、この夏、アメリカに帰ってスーパーの野菜が、新鮮じゃないことにガックシ いつもこうだったかなぁ?それも一つのスーパーだけじゃなく、別のスーパーも、健康志向のスーパーでもそうだった。有機野菜なんだけどね。

確かにアメリカでは、日本では手に入らないような珍しい野菜など、種類は色々あるけれど、傷が目立ったり、葉物は葉っぱがボロボロだったり、ネギはサイズをそろえて扱いやすくするためか、青い所を半分くらいでジョッキリ切ってしまってる。

アメリカは広いから、輸送時間がかかる?だから新鮮じゃない?事情はいろいろあるだろうから、実際のとこ、わかんないけどね。

あと、アメリカのスーパーの野菜は、一年中同じ野菜が並び続けたっけ。いつの季節に行っても、年中、変わらない野菜ばかり。そういえば日本の季節ならではの野菜売り場が恋しかったなぁ・・・春が近づけば、フキノトウやら、タラの芽(春だったよね?)、採りたてのタケノコが並ぶ季節・・・などなど、年中、季節の移り変わりがわかる、野菜売り場って、本当にいい!


そういうアメリカでも、スーパーは季節感がないけど、たまにVegetable stand/vege stand(野菜直売所)みたいな、お店が田舎にポツネン・・・とあったり、週末にFarmer's marketといって、農家の人達が直接、野菜を売る市場が開かれたりする。

その時は、季節ならではの野菜も手に入る。新鮮だし♪
こういう、新鮮野菜は、格別においしい!!

イリノイに住んでいた時は、夏場にスーパーの近くで、コーン農家のおじちゃんが、トラックで新鮮なコーンを売ってたこともある。
おじちゃんのコーンのおいしかったこと!


●Farmer's marketの写真●

野菜の売り方も、ディスプレイの仕方も、アメリカは絵になる~。
さりげなくバスケットに入れて、おしゃれ♪







スポンサーサイト
テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。