田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生でバグパイプを聞いた♪
2006年11月09日 (木) | 編集 |
イギリスでは一度もバグパイプの音が聞けなかった。

bagpipe バグパイプ

bagの aはアとエの間の音なので、口を横に広げて、ベターッと発音) バグパイプを無意識にカタカナ感覚で発音しちゃうと、うっかり虫のbugの発音になりがち。要注意

書いたのを見ると、バグパイプって、バッグのパイプってことなんだ~と、妙に納得



バグパイプそのものは、一緒に行った、生徒さんのホストファザーが弾く(吹く?)そうで、実物がおうちのソファーにのっかってたのをのチラッと見たのみ。ホストマザーが、「音が高いから、彼が吹く時は近所迷惑になってるかも・・・聞きたい?」と言ったので、すかさず「Yes!」と答えたものの、結局、時間が合わなくて聞けずに終わった(ToT)

でも、その後、イギリスでではないけれど、バグパイプを生で聞く機会があった!

テレビでしか聞いたことなかった、バグパイプの音色が聞こえてきたのは、オランダのダム広場。日曜の朝、まだ、10時過ぎだというのに、すでに宮殿前では観光客が長い行列を作っている。そのすぐ近くで、黙々とスコットランドのキルトを来たおじさんが、吹いている。

20061109111030.jpg
 ダム広場でバグパイプを吹くおじさん

こういう、生の楽器を聞くと、鳥肌が立つ私。ぞぞぞぉ~ん。

get goose bumps 鳥肌がたつ
※gooseは、マザーグースのgooseグース。ガチョウや雁のこと。

 gooseの複数形は、geeseになる。

アメリカでグースが群れを成して飛んでいるのを見かけた時「Look at those geeks!」と言って、その場にいたSSと友達に笑われた私。geekは日本で言うオタクのような人物を指す
 
bumpは、こぶなど、ぼこっと出た物。小さいポコポコッもこれ。



うーん、確かに音が大きい。一人で吹いているのに広々としたダム広場だけでなく、ずいぶん遠いところからでも聞こえた。

バグパイプの起源をテレビで見たけど、それによると・・・農場で働く少年が笛を吹くのが好きで、仕事の合間に吹いていた。けれど、吹くにも息継ぎが面倒、息が続かない(*_*)  そこで、羊の胃袋に空気をためて、そこに音が出るパイプをつければ、いちいち何回も吹くことがない・・・それがバグパイプの起源、というもの。

だけど、ネットで調べても、はっきりとした起源が見つからない。オンライン・フリー百科事典Wikipediaですら詳しい起源は載っていない。

ただ、バグパイプは武器だったという話もネットで見つけたし、スコットランドが発祥じゃないような話もあった。

不思議な楽器。不思議な音・・・



★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


ランキングオンライン

スポンサーサイト
テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。