田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本性をあらわしたなぁっ!
2006年05月22日 (月) | 編集 |
まぁた、新しいリアリティー・ショーReality showを見ました。

リアリティー・ショーとは、筋書きのない、何が起こるかわからない展開が売りのTV番組で、色々な種類があるが、ある一定の設定の中で、出演者の行動を観察したり、報酬(お金、異性、有名人の座)のために参加者が競う様子をテレビカメラが追ってゆくという、アメリカではそれ専用のチャンネルがあるほど、人気があります。

確か日本にも”あいのり”などあるらしいですが、見た事はないです。他にも無人島でサバイバルなんかも前あってたかな?
むかーし、むかし、”ねるとん”があったけど、あれも、今思えば、リアリティー・ショーに入るかも?

報酬がお金、素敵な異性の場合は、ほとんどの場合、参加者、本性丸見えになります。テレビカメラがあるのにも関わらず、例えば、大富豪のイケメン一人を争って10数人もの女の子達が醜くあの手この手で、自分をアピールします。
あっさり言えば、”この状態におかれた人間はどういう行動を起こすか?”とカゴに入れた十数人の実験台を観察しているようなもの。

低俗といえば低俗ですが、生の英会話がびっしり詰まってますよぉ!おまけに参加者はアメリカ人に限らず、オーストラリア、イギリスなどの時もあるので、アクセントの聞き取りにもバッチリ!・・・と、言い訳はさておき・・・今回見たのも、その類。一人のサバイバルの達人(イケメン)をめぐって、10数人のモデルやシンガーが彼が見せるサバイバルの技を、こなしていきながら、彼のハートをし止めるという、いつものパターン。

今回見たサバイバルの技は、素手で30cmある魚を一番多く捕まえた女の子が彼とディナーができるというもの。制限時間内で魚を捕まえるために、川の中で、ライバルを押したり、足を踏んだり、人の魚を横取りしたりと、きゃー、きゃー、修羅場と化してました。

・・・・・・★その後、参加者のインタビューがあり、

She showed her true colors. 彼女は本性をあらわしていた。

colorsと複数形にしましょう。

でも、実は、参加者っていっても、モデルやシンガーだから、イケメンをし止めることよりも、いかに、この番組で目立って、名声を獲得するかが目当てでは?!


ちなみに、似た表現で・・・
We saw his true self./We saw him for what he really is. 人間みた~、/彼の本性を見た
・・・もあります。


スポンサーサイト
テーマ:英語あれこれ
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。