田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ症候群~ッ?!
2006年10月26日 (木) | 編集 |
なんでも、パリ症候群なるものが存在するそう。

●パリ症候群(asahi.com)●

思い描いていたパリのおしゃれなイメージや、親切なパリの人々のイメージを、現地に行ってことごとく打ち砕かれた観光客や、長期滞在者が精神的なバランスを崩す状態。

syndrome 症候群



確かにねぇ、パリはキレイな所ばかりじゃない。

観光客がごった返す、パリの主要観光ポイントは、スパッと小ぎれいだったと私は感じた。

だけど、表通りをちょっと裏手の路地へ入ると、オシッコ臭いし、タバコの吸殻や、あらゆるゴミが道に捨てられている。犬の糞もゴロゴロしてた。パリでは、怖ろしい液体やベトベトのガムを、すばやく察知し、避けて歩く技術も必要。

だけど、パリの通りの作り自体が、道の真ん中が盛り上がって、道の脇が一番低くなっている。その道の脇に毎朝(私が見たのは)水がジャーッと流され、あらゆるゴミやら液体も一緒に流れされていく。おお、なかなか手っ取り早い掃除方法だと感心した。

通りによっては、すぐ隣の通りとはコロッと雰囲気が変わり、どこかからの移民男性陣が、大勢で平日の真昼間から通りのあちこちでたむろっている所もある。考え過ぎなのかもしれないが、不必要にドキドキしながら、足早に通り過ぎていく。

hang out たむろする、ブラブラする、うろつく

※何をする事もなく、家でゴロゴロするのもhang outという



日本のガイドマップや、雑誌で”おしゃれなマルシェ”と大々的におすすめされていた、パリ郊外の”可愛い雑貨が盛りだくさん”の市場へ行った時も、怖ろしいお兄さん達がワンサカたむろしてて、またまた必要以上に警戒していた私。そこまで可愛い雑貨も見つからなかったし・・・で、確かに、日本での売り文句とパリのイメージ植え付けに私もやられている感はある。

そんなあちこち汚い、場所によっては怖いパリだけれど、私は今でも大好き。完璧じゃないから、逆に親近感が持てる。日本だって汚い所いっぱい。もっともっとひどくなっている感じがするし。

パリの人達だって、一概にみんな不親切だなんてひとくくりには言えない。人にもよるし、それは、全世界どこへ行っても、優しい人もいれば、冷たい人もいる、いろんな人間がいるからね。パリで、冷たい人達にも、いい人達にも会った。

また行きたい、おフランスですよ~♪


パリの街中でやっと見つけた雑貨屋。雑貨屋、あんまり見つけられなかった(ToT)




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


スポンサーサイト
テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
ミミチャイチャイ
ミミチャイチャイが、優しい植え付けをブログランキングしたかった。
2006/10/26(Thu) 16:52 | URL  | BlogPetのチャイチャイ #-[ 編集]
私もパリ症候群についての記事を読んだことがあって、友達がパリに留学する前に「こういうのもあるらしいから気をつけてね~」なんて行ったものでしたが、本人は至って満喫している様子です^^

パリの犬の糞は結構有名ですよね・・・。なんかイメージが・・・。でも、実際に行ってみて自分の目でパリを見てみたいです。
2006/10/28(Sat) 01:11 | URL  | Kaeuly #mQop/nM.[ 編集]
Kaeulyさん、
私は、最近、パリ症候群のことを知りました。まぁ、どこの国で暮らすにしても、自国とのギャップやカルチャーショック、その他もろもろで、大変な事もあるけれど、Kaeulyさんのパリのお友達やKaeulyさんのように外国を満喫している人達もたくさんいますもんね。(確かKaeulyさんはホームシックが全然ないと言われてたような?)
勝手に作り上げられたイメージだけでその国にアレコレ期待するのは、身勝手な気もします
2006/10/28(Sat) 11:46 | URL  | ミミチャイチャイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。