田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビックリ(゜_゜;)★シンガポール
2006年09月25日 (月) | 編集 |
知り合いがシンガポールへ旅行へ行った話をしてくれた。彼女は、シンガポールに住んでいる日本人のお友達を訪ねて行ったそう。

シンガポールの事は、ほとんど知らない。

でも、マーライオンや、街の清潔さは、聞いたことがあったし、ガムを街でペッと吐き出すのもダメだと言う事も知ってはいた。・・・が、今回さらに聞いた話によると、


●ガムを路上にペッと吐きだす事はもちろん、ガムの輸入、ガムを売ることも禁止されているそう。

Spitting out gum is prohibited by law. 法律でガムを吐き出すことは禁止されている。

spit ~を吐き出すの動詞。 名詞ではツバも意味する。 
prohibited 禁止されている



●突然、査察が家に来て、ボウフラの発生源となる、植木鉢やプランターの受け皿にボウフラがいないかチェックされる。もし、ボウフラがいたら、罰金。だから、マレーシアでは蚊が少ないらしい。

mosquito larva ボウフラ
※mosquitoは蚊のこと。larvaは、幼虫の意(ラーヴェと発音)




●車の所有について
 
 国で車の台数制限があるので、購入権を得ないといけない。しかも、関税や所有権などが高額で、購入には1千万円近くかかることも。

 ①所有権、300万円(10年分を競りで買う。)
 ②車の本体価格 (普通車で200万くらい?)
 ③関税が自動車価格の50%。
 ④登録料が150%。

 税金の安い車は、赤いナンバープレートをつける。この赤いプレートの車は、週末の夜7時から、翌朝7時までしか乗れないらしい。

 国土が狭いので自動車の数の制限が徹底しているのだろう。


●車が汚れていると罰金を取られるそう。


fine 罰金



・・・他にも、タバコは公共施設では吸えない、タバコの広告も禁止など、私にとっては、うらやましい法律もあるそうだが。



いや~、世界は広い。
色々な事情があるもんだ~・・・と、彼女の話を聞いて思った。

異文化の事を知るのは、楽しい♪





もっと詳しくシンガポールの罰金の事が知りたい? 
法律と罰金制度(シンガポール情報局)へ


★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


スポンサーサイト
テーマ:異文化を楽しむ!
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
大学生の頃旅行でシンガポールに行きましたが、確か横断歩道が500m以内にあったら、必ずそこを渡らないといけないってのもあった気がします・・・。ガムがないおかげもあり、街はとっても綺麗でしたよ^^

ただ、かなりの学歴社会らしく、学歴で、将来できる仕事がかなり制限されてしまうというような話を聞きました。いずれにしても、法律とか結構厳しそうですね。
2006/09/26(Tue) 15:04 | URL  | Kaeuly #mQop/nM.[ 編集]
Kaeulyさん、
私もちょっとしかシンガポールのことは知らないんですが、この話を聞いて、そんな国が存在するんだ~!とビックリしました。車の制限はまぁ、分るとして、ボウフラの突然査察や、汚れた車の罰金はつらいなぁと思いました・・・ウチの車はすぐに罰金ものですよ^^;
2006/09/26(Tue) 16:01 | URL  | ミミチャイチャイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。