田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚の名前を英語で言うと?
2006年05月16日 (火) | 編集 |
教室の生徒さんからよく、
魚の名前を英語で言うと?
・・・との質問を受ける。

例えばブリ。
英語でyellowtailだが、
アメリカの内陸部の中西部出身のSSにしてみれば、
yellowtailと言われてもどんな魚かピンとこないらしい。

日本は海に囲まれた島国で、魚をたくさん食べるので、
漁師ではない一般の人も色々な魚の名前を知っている。



でも、アメリカはご存知、魚よりも肉をよく食べる。

だから、魚の名前より、肉の部位の名前や、
脂肪の量(スーパーではミンチに含まれる脂肪分が
70%、50%、leanは脂肪がない・・と選べる)が
細かく分かれていて、一般的。

ミンチの脂肪分が多いほど、価格も安くなる。



食文化の違いが言葉にも影響するいい例



ちなみに、よく訊かれる魚は・・・

サンマ (Pacific) saury、
鯛 red sea bream、
サバ mackerel 、
アジ horse mackerel



・・・という風に、英語では言えても、
一般アメリカ人には、よく分かってもらえないかもしれない。

海の近くのアメリカ沿岸部に住んでいる人なら、
色々な魚の名前を詳しく知っているのかもしれないけれど。




じゃあ、寿司がアメリカでも人気があるなら、
寿司を注文する時はどうするの??

ご心配なく。
アメリカの寿司屋のメニューはほとんど写真付なので、
魚の名前を知らなくても大丈夫。

メニューには、日本語で寿司のネタを書いて
その下に英語の説明がついることが多い。↓



★アメリカのSushiレストランのメニュー(寿司ネタ英語の写真)

20060902103105.jpg




20060902103354.jpg

 アメリカならではのオリジナル寿司もある。



↑の寿司ネタ英語

tuna まぐろ
mackerel サバ
squid イカ
halibut ひらめ
yellowtail はまち
red snapper タイ
eel うなぎ
fatty tuna トロ ※fattyは脂がのった。
sweet shrimp 甘エビ
abalone あわび
crab かに
salmon さけ
sea eel あなご
giant clam みる貝
scallop ほたて

shrimp えび
octopus たこ
sea urchin うに ※urchinはラテン語でハリネズミの意。海ハリネズミ!
salmon roe いくら
smelt roe まさご





★ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)

スポンサーサイト
テーマ:英語あれこれ
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。