田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おうちでサマーキャンプ?!
2006年09月05日 (火) | 編集 |
例のカンザスの友人、Danの家は、相当な田舎にある。(詳しくは”クラシックカーでカンザス入り♪”参照)

以前、彼は私達の住んでいたイリノイに住んでいたので、今回の旅で始めてカンザスの家を訪ねた。



Danの家から、一番近い、ちっちゃな商店街へ行くのにも、車で20分かかる。
彼が働く大学の街へは、さらに、車で40分かかる。お疲れさん~。

Danの家の敷地は4.5エーカーあるそう。
ちなみに1エーカーは約1224坪。
・・・ってことは、約5508坪! 
田舎だから、土地が安いのだろうけれど、何という数字!

単位変換に便利なサイト→ユニットマーケット



家の周りにフェンスをして囲んでいるが、その先の使っていない空き地も彼の土地らしい。

フェンス内の庭には、大木があちこち、うっそうと茂り、100坪以上あるアトリエ、草ボウボウだがトマト畑、そのうち修復予定の古いトラックや、ガラクタ状態のクラシックカーなどがある。

studio アトリエ、作業場。ストゥーディオと発音
※アトリエはフランス語





20060905150857.jpg





この車も、いつの日か、修復するかもね。














庭のあちこちにコンクリートや、金属で作った、彼の大きい彫刻作品も数点あり、ちょっとした彫刻の森のよう。



20060905150750.jpg


さらに、直径3mほどある衛星パラボラアンテナに水を張り、ちょっとしたプールにしている。アンテナの角度が程よく、縁に座っていると、ゆっくり、シュルシュル~とアンテナの中央へ滑っていく。slippy poolと呼んでいる。暑いカンザスでは、何度もこのslippy poolにお世話になった。

slippy 滑りやすい





そして、ガーデンシャワー・・・木の枝に、シャワーヘッドをくくりつけ、庭でシャワーを浴びる。モチロン冷水。

Danの家にはシャワーがない。バスタブにお湯を溜めて昔スタイルでの入浴。暑いし、昔スタイルの入浴は慣れてないので、滞在中はほとんどガーデンシャワーで済ませた。

日本の自宅も冷水シャワーだが、Danのこのガーデンシャワーには叶わない^^;(詳しくは”ついに冷水シャワー開き・・・”参照)



近所に家はないことはないが、離れているし、フェンスもあるため、素っ裸でも安心。

シャワーの横には、Dan手作りのベンチもあり、荷物が置けるし、そこへ座ってホッとできる。



そして、sweat lodge。

20060905150946.jpg


sweat lodgeとは、ネイティブ・アメリカンの習慣らしく、小さいテントのような中で、焼き石に水をかけて、蒸気を発生させ、蒸し蒸しのサウナにする。

sweat 汗
※ポカリスエットのスエットは”汗”のつづりになっているので、英語圏の人が見たら、「汗?汗の飲み物ぉ???」とビックリします。



ね、サマーキャンプのイメージが湧いてきた???


・・・つづく



カンザス関連は、カテゴリーの”カンザスの思ひ出”を参照して下さい(^-^)/



★ブログランキング参加中・・・もしよかったら、お好きな方のバナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

応援ありがとうございます♪


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。