田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植え替え祭り♪
2007年10月31日 (水) | 編集 |
観葉植物大好き♪
・・・なんだけど、買った時には活き活きしていた植物さん達も、うちに来た後は、みるみる元気がなくなっていく 

なかにはお亡くなりになる植物もある。チーン まぁ、ほとんどの植物はあまり大きくならなかったり、元気がなさそうなくらいで、枯れはしないけれどね。

いまいち何の肥料をやっていいのか、日当たりは十分か、それとも足りないのか、よくわからないで、元気のない植物達にたまに米のとぎ汁をかけるくらい。(白いご飯を炊いた時だけだけどね)

で、また、買っちゃったよ。ポトス↓と、




あと、アグラオネマ・コムタータム。映画「レオン」で主人公が大切に育てていた。希少種らしいが、何も知らずに買った私。ネットでチェックしたら¥3,000以上するみたい。¥580で買っちゃったよ。寒さに弱いらしいが、うちのような寒い家で越冬できるかな・・・↓



アグラオネマ・コムタータム



あと、ゴムの木?みたいなの。↓


 この木を見るとなぜか、'60年代や'70年代の印象を受ける・・・ダークな木目調のあの頃の家具に合いそう・・・なので、シブい植木鉢に植えた。


買ってきた新入りの方々を鉢に植え替えるついでに、他の成長に進展のない他の皆さんも植え替えることに。

鉢はいっぱいあるから、土を買わないと!で、いつもは腐葉土のみで鉢植えするけど、今回は、腐葉土の袋にお勧めしてあった配合を試すことに。初めて、赤玉土、日向土(軽石)、バーミキュライトでの土づくり。

大きな容器に、赤玉土50、バーミキュライト10、腐葉土40を混ぜ混ぜ。なんだか、小麦粉や砂糖を手で混ぜながら、お菓子作りでもしているよう。そして日向土(軽石)を鉢の底へ敷いて、配合土をその上に入れる。

元気のない皆さんを鉢から取り出すと、土がガビガビ状態。水を1週間に一度やっているにもかかわらず、乾燥していて、栄養0の様子。道理で。ごめんなさいよ。このスペシャルブレンド配合土で、元気に育っておくれよと、励ましながら、植え替え作業。

びっくりしたのは、家の中でハンギング鉢に入れていて、元気がなくなった折りヅルラン(?)を、外に出して庭木の下に5カ月ほど放っておいたんだけど、その瀕死の折りヅルランが、活き活き元気で見違えるようになっていたこと。濃い緑色、おぉ~、外の気候の荒波に揉まれながらも、こんなに成長して!と、微笑ましい。

この折りヅルランを鉢から土を出すと、土も適度に水分を含み、黒々と柔らか、栄養ありそう。外で、落ち葉や虫の死骸など、色々な養分が常に補給されていたのだろう。以前は枯れそうに色がうす~くなっていたというのに、外で自然の荒波にのまれ、逆に強くなって帰ってきた! かわいい子には旅をさせよ?!の感・・・↓





金の成る木(またの名をクラッスラ、英語ではjade plant)はも~、簡単、簡単、育てやすい。葉っぱを土に置いとくだけで続々新しい芽が出てくる。葉なしの丸ハゲ茎を土に刺しただけでも復活する。増えすぎたので、苗を作って、観葉植物好きな生徒さん達に配ったりもしてる。ペカペカの葉っぱがかわいいよね↓





植え替えが終わって、ジョウロで水をかけるとすぐに、皆さん、活き活きに見える。さっぱり、さわやか~な植物たち。このシャキシャキ元気さがずっと続くといいな~♪ 


他にもまだまだ、植え替えが必要な植物さん達が待機している。暇を見て頑張るぞい!


スポンサーサイト
ザリガニを食べた♪
2007年10月30日 (火) | 編集 |
アメリカの南部料理、ケイジャン料理は、ザリガニやナマズを使ったスパイスを利かせた独特な料理。スパイシーだけど、辛いわけではない。(南部=ルイジアナ州など)

ナマズぅ?!ザリガニぃ?!
おいしいって、ホントに!!

catfish ナマズ(ヒゲがある顔は猫に似てるから?)
crawfish ザリガニ



私、アメリカ料理では、ケイジャンが一番好きだわ~♪
スパイスをいっぱいまぶして焼いたナマズは柔らかくっておいしい!色々なスパイスの絶妙なコンビネーションがいい!

下の写真の海老のように見える濃い赤色の物体がザリガニよん。


 海老とザリガニのガンボ(シチューのようなもの)




 スパイスをまぶして焼いたナマズがご飯の上にのってます。このソースもおいしい~♪

あぁ、写真を見てるだけで生唾が出てくるよ。


ケイジャン料理、絶対お勧め!




象ニンニクぅ?!
2007年10月29日 (月) | 編集 |
この夏、アメリカで見つけた巨大ニンニク・・・・その名もELEPHANT GARLIC 




私の手から、はみ出るほどのデカさ。


どでけ~ッ



テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ
冬支度ステップ1
2007年10月19日 (金) | 編集 |
最近、寒くなってきたので、今日、家中をちょっとだけwinterfiedした。この英語、辞書にはのってないけど、会話では良く使う。冬支度をしたってことね。

まだ、ちょっと肌寒い程度なんで、北側の窓全てにカーテンをつけて、いつも使っているベンチチェアーには、長いクッションをつけた。

カーテン?!うちは、周りに家がないので、大きな窓が北にも南にもあるにもかかわらず、寒くない時は、うちではカーテンつけてないよ。カーテンや、クッションを出しただけで、ぬくぬく!あったかなイメージ。とってもcozy~♪

もっと寒くなってきたら、次はカーペットを敷き、ヒーターを出す。

こうして、寒さに備え、夏の暑さに備え・・・の1年のサイクルを何度SSと過ごしてきたことだろう。こういう、ちょっとした季節ならではの準備をする度に、家族っていいな~と、心もぬくぬくになる~
テーマ:小さな幸せ
ジャンル:ライフ
やったぜ!銀杏の季節ッ
2007年10月19日 (金) | 編集 |
いつも行く野菜直売所で、ギンナンを見かけるようになった!ギンナン大好き~♪

ちなみにギンナンは英語でgingko(ギンコ)という。アメリカでもイチョウの木は見かける。アメリカも広いんで、気候分布が色々あるから見かけないとこもあるかもしれないけど、私が住んでいたイリノイ州ではあったよ。

ありはするけど、ギンナンを拾って食べる現地人はいなかった。でもッ!この季節、イチョウの木に群がっている人々はいた・・・アジアの人々・・・中国人、日本人、韓国人。アメリカの現地人は見向きもしない”臭い実”を一家総出で拾っている。・・・私ももちろん拾ってたけどね。

臭いよね、ギンナンって。うちの母からギンナンの実を拾ったら、土の中にしばらく埋めて洗ってから、干す・・・と聞いたので、そうしたけど、やっぱり臭かった~

簡単にギンナンを調理する方法も母から聞いた。
厚手の茶封筒に殻に入ったギンナンを入れ、口を2回ぐらい折り曲げて閉める。そして2分ほどレンジでチンするだけ。しばらく、ポンッ!ポンッって破裂する。後は塩をつけながら食べるだけ♪ギンナンおいしい!


どわい好き!



裸足でハイキング♪
2007年10月17日 (水) | 編集 |
夫婦で裸足でハイキングにこっている。いわゆるbarefootin'ね。・・・でも、本当に裸足ってわけではなく、限りなく裸足感覚に近い、この靴、Vibram Five Fingersを履いて。


「送料無料」Vibram【ビブラム】 FiveFingers Classic Grey/Orange/Black【ファイブフィンガ...


Vibram Five Fingersって知ってる?





5本指の靴のようなもの。地下足袋・・・?

vibramのサイトの説明では、「地面と直に触れ合う感覚で、もっと自由に、もっと自然に健康的に歩くくことができる。足の筋肉と脚を刺激することで足を鍛え、関節等の可動域を広げる。バランス感覚や、敏捷性も高め、姿勢も良くなる。」・・・と説明がある。


まず、SSが興味を持ち、欲しい欲しい!とリサーチをはじめ、日本でも買えるけれど、アメリカで買ったら、さらに安いからとこの夏、里帰りした際に二人で買った。それも、ただでさえ、日本より安いうえに、私のは、ゴムの部分がちょっとだけ汚れていたので$20も値引きしてくれた。ほんと、ちょっとの汚れだけど、ダメもとで指摘するのがいいよ、アメリカでは!

見た目はカエルの足みたいで、怪しいが、履き心地は・・・初めてのハイクは踵が靴ずれして、かなりつらかった 私だけじゃなく、SSも。絆創膏を持ってたので貼っているにもかかわらず、絆創膏はむなしく剥がれ、二人で踵が生々しい。

靴ずれは痛いけど、Five Fingers自体は、すごく快適。普段は靴の中に押し込まれている足の指さん達が、自由に動き回れる感覚。トレイルを登る時も、下る時も、しっかり地面を足の指で掴んで歩いている感じで、しっかり歩ける。岩が転がっていたら、足の指で岩をつかんで上がっていく。おぉ、いいね!

特に、ハイキングでの下りはいつも、靴の中で足の指がつま先が相当痛くなってたけど、Five Fingersでの下りは、足の指をしっかり開いて指一本一本に均等に力が分散されて、足の指が痛くならない。下りで靴を履いていたら、靴の中で足の指がつま先部分に押しやられて、痛くなっていたんだね。

この新しい感覚、いい!
人間は靴を履き始めるまでの長~い間、裸足で過ごしてきたんだもんね。裸足が一番自然だよね。足の指を使ってしっかり歩いて、体全体に忘れていた感覚がピピーッと広がっていくような。

Five Fingersはいいけど、その後、2,3回ハイクしても、靴ずればかり。テーピングもしてみたけど、痛いのは痛い。それにFive Fingersを履くたびに、テーピングできないし。面倒だ~。でも、Five Fingers履きたい!!・・・・ってことで、SSと二人、靴ずれを何とかしないと!と試行錯誤の上、SSが、フリースを二枚重ねたものを、踵に縫いつけよう!と、思いつき、早速、二人でミシンをひっぱり出してきて、つけてみた。





踵にフワフワのフリースがやさしく、いい感じ。
早速、近くの山へ繰り出し、軽いハイクをしてみた。全然痛くならない! 

これでや~っと、Five Fingersを履いて、真剣なハイクに出かけられる。足腰鍛えるぞい

気候もいいし、二人で、ホントのサル状態






自家製ゆかり♪
2007年10月10日 (水) | 編集 |
私もSSも”ゆかり”が大好き。
”ゆかり”って、ほら、赤シソを乾燥させたフリカケさ。

好きなんだけど、買いたいけれど、思いっきり化学調味料入っているんだよね。

うちで7年前に二人で手作りした、梅干しがまだいっぱいあるんだけれど、その紫蘇で”ゆかり”ができないかな~?と思いつき、早速ネットチェックしてみたら、やっぱり、手作りで”ゆかり”が作れる!

別に難しくもないんだよね・・・

梅干しを漬けていた紫蘇を取り出して、しぼって、ざるに出して、2、3日乾燥させる。そして、乾燥させたものを、ミキサーや、フードプロセッサーでガーッと砕くだけ。


 干しました。


 アメリカで買った、おいしくなかったゴマの容器に入れて、できあがり。


あぁ、これで、久々に”ゆかり”入りのおにぎりが食べれるぅ!
簡単に痩せれたよ♪
2007年10月09日 (火) | 編集 |
肉をキッパリやめて、ほとんど毎夜のスナパラ(スナックパラダイス)をやめて、加工食品や、毎週末の総菜をやめて、トランス脂肪酸まみれのマーガリンや、市販のパンをやめて、早、3カ月以上。

夫のSSは5kgの減量、私は2kg強体重が減った。

食生活の改善が一番の理由だろうけど、SSは、運動は毎日欠かさず、ジョギング、ウォーキング、水泳、サイクリング・・・と楽しんでやっている。

私は、食生活のみで、何もしないで2kgも減った。

夫のSSも、ここまで、キッパリやめる事ができるとは、思わんかったなぁ・・・ ほとんど毎晩のビールはやめきれないみたいだけど。そのくらいの楽しみはいいんでない?

あと、私が料理に目覚めたのも変化かな!以前は、仕事が忙しいからと、SSにほとんど料理は任せっきりだった。SSは料理が大好きなので、進んで料理をしてくれるから助かっていたけどね。

今は、仕事の忙しさは変わらないけど、忙しい合間を縫って、料理を私が作ることが、楽しいと思えるようになってきた。シンプルな料理なんだけどね、良い材料と、良い調味料を使って、素朴な料理を作ることって、楽しい 簡単でいいから、忙しくてもサッとできる。

こういう心の変化も、要らない物質が体から出ていった影響なのかな~?
醤油もどきは結構ですッ!
2007年10月08日 (月) | 編集 |
加工食品を避け、肉を避け、化学調味料や添加物を・・・これが入ってないのを見つけるのが大変なので・・・極力減らすようにしてはいるものの、どうしても避けられないしょうがない時もある。外食とか、実家でとか、家以外での食事は、しょうがない、出されたものは、よっぽどのことがない限り、食べる。

家では、しっかり避けて、シンプルなものを食べることができるけれどね。

実家では、母がしっかり昆布と鰹節でダシを取った・・・まではいいけど、煮物をするにも、うどんのスープを作るのも、加える醤油や薄口しょうゆは、”醤油もどき”なのさ。

裏ッ側の材料表示をチェックすると、「脱脂大豆」「保存料」「甘味料」「果糖ブドウ糖液糖」などなど、うちでは絶対使わない添加物のオンパレード。せっかく作ってくれている手前、これから、どっちにしろ自分も食べないといけない手前、母親にはその時は、何も言わないけれどね。お昼で、怪しいうどんを食べて、その後は、一日中後味が悪い。口の中が妙な感じ。実家で夕食の後は、とにかくのどが渇いて仕方がないので、お茶を飲みまくる。家に帰っても、のどが異常に乾くので、水をがぶ飲み。その夜は寝ていても頻繁にトイレに行きたくて、睡眠もとぎれとぎれになる。

けど、腑に落ちない。うちの母は中国産野菜は避けているのに、健康のためにと¥2000以上する「ナントカ液体カルシウム」を毎月買っているのに、こうして母の大事な家族と、まだ小さい孫達には、こんなん、醤油もどきを使ってしまう・・・知らないと言えばしょうがないが、ちょこちょこ、普段から、それとなく、「原材料はシンプルなもの、醤油なら「大豆、塩、小麦」くらいのを表示を見て買った方がいいよ」と情報提供していても、老眼で表示を見るのが億劫という理由からか、全く、変わらない。

自分たちのためでもあるのにね。父も母も60歳以上なんで、普段食べる食事は、醤油や薄口しょうゆの出番は私たち夫婦の食卓より多いのに。実家での食事の頻度も減ってきている・・・ごめんね

添加物にピリピリしている私たち夫婦が異常なのか、添加物まみれ、肉まみれで現実から目を背けているのが、正しいのか、本当の事に目を向けると、怖いのか、ま、人それぞれ、自分がしたいことをしたいようにすればいいだけさ。だけど、どっちの立場でも、ほかの人まで巻き込まないようにしないと。何でも押し売りはうざったいもんね。
テーマ:ナチュラルスタイル
ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。