田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンプキンのちょうちん作り会、終了★
2006年10月30日 (月) | 編集 |

 届いたばかりのパンプキン

うちの英語教室で、アメリカのパンプキンを使っての、ハロウィーンジャコランタン作りを開催。

大人の生徒さんも、子供の生徒さんも、はたまた、ご父兄も初めての私達の教室の試みに、ワクワク参加。

何しろ初めての試みなもので、1ヶ月以上前から準備に追われた。

日本ではなかなかお目にかかれない、オレンジ色の皮の硬い、ちょうちん用のパンプキンの入手先を探す事から始まった。

日本のカボチャでちょうちん作りを実験してみたけど、全くダメだった(詳しくは→日本のカボチャでジャコランタンを作ってみた♪



仮装をしてきたい人はどうぞ!ということで、スパイダーマンやら、ヒョウ、犬達・・・と、仮装をしてちょうちん作りをする人もいて、うちの純日本風家屋を背景に、オレンジ色のカボチャと、皆さんが苦闘するシーンは、なかなか、珍しい雰囲気だった♪

20061030164912.jpg
 にぎやか♪



皆さん、初めての経験。

はじめに・・・・

パンプキンは、サイズや形が、まちまちなので、くじ引きで誰がどのパンプキンか決める。

それから、マジックで、顔を描く。



20061030192856.jpg
 こんな感じに斜めに切り取る

ふたの部分の切り取りは、コツがいるので、ジャコランタン作りの経験豊富なSSが全員分、切り取る。垂直に切り取るのではなく、斜めに切り取るのがミソ。



20061030164742.jpg
 中身のかき出し作業。けっこう時間がかかる~

そのあと、タネを取り出し、スプーンでガリガリ、カボチャの中身をかき出す。きちんとヌルヌル部分をかき出しておけば、ちょうちんも長持ちするらしい。



20061030164434.jpg
 顔パーツの切り取り作業

キレイにかき出しが終わったら、子供達はSSに顔パーツをナイフで切り取ってもらう。大人の生徒さん達は、自分で。



20061030164557.jpg
 できあがり♪

20061030165057.jpg
 ジャコランタンの大集合!
どれも、個性的でかわいいジャコランタン(^-^)




ちょうちん作りが終わったら、SSが金曜日に一日中かけて作った、本場アメリカのパンプキンパイ。パイクラストもアメリカのものを使う。日本の層になったパイと違い、ポロポロとしている。

20061030164652.jpg
 SS手作りのパンプキンパイ
 
シナモンとナツメグエバミルク、卵、砂糖を入れて作ったパンプキンパイ。甘さと、スパイスは控えめにして作ったSSのパンプキンパイは、私がアメリカで食べた、どのパンプキンパイよりも本当においしかった! 

その後、ハロウィーンのキャンディーを参加者に配り、皆で記念撮影。

天気もよく、お日様の下、芝生の上で、楽しい午後を過ごせた。

その夜は、皆さんから、ちょうちんを灯しましたよ~♪の、ウキウキ写真付メールが何通も届き、本当に喜んでもらえたんだなぁと、SSと二人、ホッとした。

日本では、なかなか出来ない経験・・・
みんなの記憶にいつまでも残ると良いなぁ♪




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


スポンサーサイト
イギリスのおいしい~サバ★
2006年10月28日 (土) | 編集 |

 本当においしかった、燻製サバ。あぁ、おいしそう!


ロンドンの郊外で、朝市の魚屋さんで買った燻製サバ

smoked mackerel 燻製サバ

smoked 燻製
mackerel サバ



私達夫婦は燻製物は大好き、サバも大好き!なので、朝市で魚屋のおじさんに勧められて、迷わず、即購入。

熱を加えてあるので、そのまま食べれる。美味!

地元の朝市だと言うのに、友達Kは、この燻製サバを1度も買った事もないという。

早速、お皿に載せて、SSと、K、私の三人で食べよう!とすると、Kは、あまり乗り気じゃないよう。

She seemed like she wasn't really up for it.彼女は、あまり乗り気じゃなさそうだった。

※seem like ~のように思える。~そう。
 
 not really はあまり~ない。の表現

 up for ____で、~に乗り気の意。




「ちょっとだけでいいよ」

彼女は、丸ごと魚は苦手らしい。

whole fish 魚丸ごと
※wholeは丸ごとの意。日本語でもホールトマトって言いますよね~



日本に2年住んでいた彼女のキッチンには、お箸もちゃんとある。

3人でサバをつっつく。

脂が程よく乗っていて、身もプリプリしている。
スモーキーな味も、塩加減もちょうどよく、おいしくてたまらない!

ふと気付けば、あまり乗り気じゃなかったKも、
私達夫婦の素早い箸さばきにも負けない速さで、身をほじっている。

これは、本当~に、おいしかった。
イギリスで食べたものの中で一番おいしかった!

まさか、イギリスでサバを食べるとは思わなかった。

Kは、今から朝市に顔を出して、この燻製サバを買うぞ!と張り切っていた。


20061028220507.jpg
 朝市の様子




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


テーマ:美味なるもの
ジャンル:グルメ
お日様時計~♪
2006年10月26日 (木) | 編集 |
お日様時計だって!

今日見つけた。

今の時間の地球上の昼と夜のエリアを表示するそうで、私、こういうの、好きなんだなぁ~



中学くらいの頃、世界の事に興味津々だった私は、今、地球上のどこかで同じ太陽を日の出で見ている人がいる、アメリカの時間はこの位なので、夕日で同じ太陽に照らされている人がいる・・・な~んて思いによく、ふけっていたっけ。




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


パリ症候群~ッ?!
2006年10月26日 (木) | 編集 |
なんでも、パリ症候群なるものが存在するそう。

●パリ症候群(asahi.com)●

思い描いていたパリのおしゃれなイメージや、親切なパリの人々のイメージを、現地に行ってことごとく打ち砕かれた観光客や、長期滞在者が精神的なバランスを崩す状態。

syndrome 症候群



確かにねぇ、パリはキレイな所ばかりじゃない。

観光客がごった返す、パリの主要観光ポイントは、スパッと小ぎれいだったと私は感じた。

だけど、表通りをちょっと裏手の路地へ入ると、オシッコ臭いし、タバコの吸殻や、あらゆるゴミが道に捨てられている。犬の糞もゴロゴロしてた。パリでは、怖ろしい液体やベトベトのガムを、すばやく察知し、避けて歩く技術も必要。

だけど、パリの通りの作り自体が、道の真ん中が盛り上がって、道の脇が一番低くなっている。その道の脇に毎朝(私が見たのは)水がジャーッと流され、あらゆるゴミやら液体も一緒に流れされていく。おお、なかなか手っ取り早い掃除方法だと感心した。

通りによっては、すぐ隣の通りとはコロッと雰囲気が変わり、どこかからの移民男性陣が、大勢で平日の真昼間から通りのあちこちでたむろっている所もある。考え過ぎなのかもしれないが、不必要にドキドキしながら、足早に通り過ぎていく。

hang out たむろする、ブラブラする、うろつく

※何をする事もなく、家でゴロゴロするのもhang outという



日本のガイドマップや、雑誌で”おしゃれなマルシェ”と大々的におすすめされていた、パリ郊外の”可愛い雑貨が盛りだくさん”の市場へ行った時も、怖ろしいお兄さん達がワンサカたむろしてて、またまた必要以上に警戒していた私。そこまで可愛い雑貨も見つからなかったし・・・で、確かに、日本での売り文句とパリのイメージ植え付けに私もやられている感はある。

そんなあちこち汚い、場所によっては怖いパリだけれど、私は今でも大好き。完璧じゃないから、逆に親近感が持てる。日本だって汚い所いっぱい。もっともっとひどくなっている感じがするし。

パリの人達だって、一概にみんな不親切だなんてひとくくりには言えない。人にもよるし、それは、全世界どこへ行っても、優しい人もいれば、冷たい人もいる、いろんな人間がいるからね。パリで、冷たい人達にも、いい人達にも会った。

また行きたい、おフランスですよ~♪


パリの街中でやっと見つけた雑貨屋。雑貨屋、あんまり見つけられなかった(ToT)




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行
オランダ★美術館のランチ
2006年10月26日 (木) | 編集 |
RIJKSMuseum(ライクスと読むらしい)は、オランダの(ダッチ・ルネッサンス時代の代表的絵画が収蔵してある美術館。リアリスティックな絵画に、これは写真じゃないの??と、見入ってしまう。

ここに行った時にちょうど"Meal Deal"というサービス中。


↑"Meal Deal"のサービスで、入館時に入館料+1ユーロ(一人)の超過料金を払えば、パン4種類、青りんご、ミルク、キャンディーバー・・・と、こんなにたくさんのランチが入ったボックスがもらえた!



↑中身もボリュームがあることはもちろん、ランチが入っている箱もこの美術館収蔵の代表的なオランダ絵画の絵がプリントされていて、わざわざ箱は日本に持って帰った。もちろん、他の人々はこんなにきれいで、デザインも素敵なこの箱を惜しげもなく、ゴミ箱に捨てて、ゴミ箱は相当かさばっていた。捨てきれない性分・・・物ばかり増える(ToT)

pack-rat 捨てきれないで、なんでもかんでも、ためこむ人 収集魔・・・ヨーヨーマじゃないよ





↑ミルクもかわいい~。味は、アメリカのミルクに近かったかな?日本のミルクのように牛臭くない。・・・日本のミルクも昔のように牛臭くなくなってきてはいるけれど~



★ブログランキング参加中・・・もしよかったら、お好きな方のバナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

応援ありがとうございます♪
テーマ:異文化を楽しむ!
ジャンル:海外情報
おっかしい~ (^O^)★英会話エアロ
2006年10月26日 (木) | 編集 |
おかしい英会話(?)ビデオを発見。

お姉さん達のルックスからして、’90年代の初めだろうか・・・

爽やかな雰囲気と、英会話のフレーズに関係ない動きと、
使える?使えない?・・・フレーズの数々で絶妙な笑いを誘う。

一度聞いたら、こびりついて離れない。

sticky song 一度聞いたらこびりついて離れない歌


これなら、フレーズもバッチリ覚えられる・・・・使える?





★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
オランダのお気に入りスィーツ
2006年10月25日 (水) | 編集 |
20061025165812.jpg


オランダにある、私達お気に入りの、このお店のスィーツ・・・

アムステルダム駅を出て、ダムラックの通りをダム広場へ向かう途中、左手の運河が途切れて橋が掛かっている、向かいの右の路地へ入ってすぐ、コインランドリーのすぐとなりにある。名前は知らない・・・

alley 路地
canal 運河




特に手前の生クリームたっぷりのペイストリーが、たまらない。

今、単にお腹減っていて、旅行の時の写真を見ていておいしそうだなぁ・・・と、アップしたくなった。

fresh cream 生クリーム

looks good/delicious おいしそう(見た目が~そうの時はlooks ____ と言う)



この生クリームのお口に広がる風味の深さはクセになる。
甘さ加減もちょうどで、おいしい~♪

ここのお店には、スィーツだけでなく、ホットドッグなども売っている。カウンター越しに売るお姉さん達は、皆さんきれいで、愛想もよい。日本に帰る直前には、2晩続けて、通った。

あぁ~また食べたくなってきた・・・


20061025212625.jpg






★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪



テーマ:旅先で食べた美味しいもの
ジャンル:旅行
マフィン好きのリス♪
2006年10月20日 (金) | 編集 |
私達が住んでいた、イリノイ州では、普通に、リスがその辺をうろついていた。

squrrel リス

※日本語で言う”シマリス”は、chipmunk。木ではなく、地上に住む



街の大きな街路樹の枝や、地面の上を、チョロチョロと忙しく走り、木の実をしっかりと持ち、ガジガジ食いついている姿を見るのは、日常茶飯事。当たり前のことだった。

日本からやってきた私にとっては、向こうでは当たり前のことでも、リスの姿を見かけるたびに、あぁ~可愛い♪と頬が緩んだ。



キッチンの窓から、木製の塀の上をチョロチョロ走り回るリスの姿を見るのが大好きだった。

うちの猫達も、外で、ジーッと、リスを見つめて、飛び掛るチャンスをうかがっていた。リス達はすばしっこいので、一度も捕まった事はないが。

そう、イリノイで私が知っているリス達は(・・・お知り合いではないが)人間が近づくと、2mも近づかないうちに、サーッと、逃げてしまう。

絶対、リスには近づけなかった。



しかし、コロラド州の、マニトゥ・スプリングという、奇岩の風景が有名な、小さな町のモーテルにホームステイのメンバーと泊まった時、いやに人間慣れした、珍しいリスと遭遇した。

motel モーテル。
※motor+hotelからできた言葉。自動車旅行者の宿泊所の意味。



生徒さん達と、夕食前に、モーテルの2階の階段の踊り場で談笑していたら、一匹のリスが、手すりに乗ってこちらを見ている。

「ほらほら、リスですよ~!」と、生徒さん達に教えた。

生徒さんにとっては初めて、普通にその辺にいるリスを間近に見れるチャンスだった。

「きゃ~!かわいい!」と皆さん喜んでくれた。

すると、モーテルの女将さんがやって来て、「あ、今日も来たのね♪ このマフィンをあげたら?」と言って、ブルーベリー・マフィンをくれた。

なんでも、この女将さん、この辺のリス達に、ほとんど毎日、エサを与えているそう。

「え!リスにエサ?!」生徒さん達だけでなく、アメリカでリスを見慣れている、SSや私にとっても、それは、かなりのオドロキだった。



言われたとおり、エサを皆が集っている踊り場の真ん中においてみた。

手すりのリスは、ちょっとずつ近寄ってくる。

それも、カメラを構えた私が、かなり近くにいるのに、気にもしないどころか、ホイ!ホイ!と、”ダルマさんが転んだ”でもやっているかのように、チョロチョロ歩いては、止まり~と、カメラに向かってポーズを決めている・・・ように見えた。

以下、その時の写真・・・

20061019115317.jpg
 ん?   

20061019115412.jpg
 お?

20061019115510.jpg
 へ?


床に置いた、マフィンをためらいもせず、両手で持ち、ガブガブ食べ始めた。

リスの周りは私達が大勢で囲んでいるというのに・・・!

20061019115957.jpg
 んまい!


食べ終わると、また、カメラに向かってポーズを決め、しばらく、私達の周りでチョロチョロした後、もう何ももらえないと悟ると、近くの木の枝へ消えていった。

20061019120132.jpg
 もういっちょ!ポーズ♪


さすがに、マフィンの食べすぎか、ぽっちゃり気味のリスだった★

chubby ぽっちゃり、丸々とした
※fatは、”太った”と、直接過ぎるかも。



おかげで、超クロースアップのリスの写真が撮れた。

面白い体験だったなぁ♪




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
言葉が通じなくても★
2006年10月19日 (木) | 編集 |
ロンドンに住む女友達Kを訪ねた時、彼女の旦那さんTの両親とお祖母さんもギリシャから、ロンドンへちょうど遊びに来ていた。

ギリシャTは、ギリシャ人。
ドーンと大柄で、まゆ毛くっきりの彼は、ギリシャで、プロサッカー選手として活躍していたこともある。しかし、膝の故障で、若くして引退を余儀なくされたそう。

その後は、軍隊に入り、なぜだかイギリスへ移住。私たちの友達Kと知り合って結婚したばかり。



泊めて貰った最初の夜、「ここに寝ていいよ!」と通された部屋の机上のノートパソコンの横に、デカイマウスのような物体を見て、SSが、
「わー、やっぱり、ギリシャTは大柄だから、マウスもデカイねぇ!」なんて本気で言ったら、ギリシャTが、「それは、モデムだよ」と。

SSは本気で、それは、ギリシャT用の巨大マウスだと思ったらしい。無理もないが・・・Kと、私で、おかしくって、笑いが止まらなかった。



話し戻って・・・そのギリシャTの家族は、全く英語が話せないし、分らない。

彼らの嫁であるKは、ギリシャ語が少し話せるものの、Kの両親は全くギリシャ語は話せない。

Kの両親と、ギリシャTの家族が、どうにかこうにか、一生懸命会話をする光景は、私達夫婦の両親達が集まった時の光景を思い出させる。



Kの家のリビングで、ギリシャTの家族と私達夫婦だけが、取り残された事があった。

私達も、ギリシャ語はわからない。
ギリシャTの家族も、英語はわからない。

でも、シーンとそこに座っているだけにはいかない。

”んー、どうやって話をしよう・・・?”と思っていると、ギリシャTのお母さんが何やら言いながら、ニコニコ。

「ん?え?何何?」と、私達。
「ミクラ、ミクラ♪」と、今度は聞き取れた。
「ミクラ?」「ミクラ♪」とお母さんは、手振りで小さい、小さいとやって私達を指差している。

どうやら、私達夫婦は「小さくて、かわいいねぇ」と言っているよう。

それから、未だニコニコのお母さんは薬指の指輪を指差し、手で長さを表し、私達二人を差す。

あぁ、結婚して何年か聞いているんだ!とすぐわかり、手で数を表した。

次に赤ちゃんを抱っこする格好をして、私達を差したので、あ、子供はいるかどうか聞いていることが分ったので、「まだまだ。」の手振り。理解してくれているよう。

その間でも、「ミクラ、ミクラ♪」と、時折言って、抱きしめたくなるくらい♪みたく、ハグしてくるお母さん。

その後も、どうにかこうにか、私達は、ギリシャ料理が好きだということ、いつかは、ギリシャに行ってみたい・・・などの話をした。

お母さんは、「いらっしゃい、いらっしゃい!私が手料理振舞うわよ~♪」みたく、ゼスチャーしてくれた。

今思えば、英語を使わないで、結構話が出来たもんだ~と、不思議ではあるが、言葉は通じなくても、どうにかコミュニケーションはできるもんなんだ~!と思った。



いつか、本当に、KとギリシャTに便乗して、ギリシャへ行ってみたいな~★



★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

歩いてメキシコへ♪
2006年10月18日 (水) | 編集 |
そう、↑タイトル通り、メキシコへ歩いて行った。

メキシコへは行った事はあったけど、その時は、船で、カリブ海からユカタン半島のカンクンへ上陸し、ジャングルしか行かなかった。

今回は歩いて、歩いて!国境を越える。
メキシコの街も見れる。

border 国境



アメリカの南西部、アリゾナ州のツーソン市にうちの教室のホームステイ引率で滞在した時、私とSSの長年の夢、”歩いて外国へ”が実現した♪

ツーソン市は、メキシコ国境のすぐ近く。

ハイウェーでツーソンからまっすぐ南の国境近くの街”ノガレス”へ。

このノガレスの街はメキシコ側とアメリカ側に塀を挟んで分かれている。

私達はアメリカ側に車を駐車した。

駐車場から見える、すぐそこのコンクリート塀の向こうは、もう、メキシコ。

駐車場から、歩いてすぐに、国境がある。

20061017120056.jpg
 アメリカ側からメキシコを見る。 塀の向こうはメキシコ★

アメリカからメキシコへの”徒歩入国”はいたって簡単。

パスポートも見せずに遊園地の入場口のような、クルクル回るバーを一人ずつ回してメキシコ側へ入るだけ。

・・・ホントにそれだけ。

アメリカ側のスーパーで買い物をして来たのか、カシャカシャ買い物袋を提げてメキシコ側へ帰る人がたくさんいた。
かなりお気軽なんですけど・・・

People casually cross the border by foot. 人々はお気軽に国境を歩いて越える。

casually お気軽に



聞くところによると、メキシコ側の薬屋はアメリカよりも安いそうで、アメリカ側から薬を大量に買いに来る人が多いそう。



私たちの目的は、歩いてメキシコへ行って、本場メキシコ料理を食べること!



アメリカ側と塀を隔てているだけなのに、コロッと街の雰囲気が変わる。

にぎやかなメキシコ音楽があちこちから聞こえ、みやげ物屋がワンサカあり、通りでは、インディオか知らないけれど、原住民の格好をした若い母親達が子供をおんぶして、みやげ物を売っている。

写真を取っていい?と聞いたけど、お土産を買わないとダメだよ!と言われたので、可愛いカメの置物を買った。

mexiturtle
 カメの置物。首がユラユラ揺れる。教室の小さい子どもたちに人気♪

いかにもメキシコらしい、パステル色で塗られた建物は、アメリカ側のようにすっきり、まっすぐキレイキレイではない。↓

20061017115836.jpg

 
アメリカと違って洗濯物もあちこち外に干してある。
参照:アメリカでは洗濯物を・・・

電線だって、四方八方張り巡らされている。アメリカ側はスッキリしているけれど。・・・日本も電線はゴチャゴチャ目に付くが。

20061017115746.jpg
 ロバの馬車も♪ 

狭い路地には、あちこちでおじさん達がたむろって、そばを通る私達に、なにやらスペイン語で話しかけてくる。スペイン語は分らない。



ラテンのノリで、ウキウキ♪しながら、街を散策。

お昼に本場のメキシー料理を食べ、マルガリータも飲んだ。あぁ~おいしかった!


20061017115625.jpg
 源氏パイのようなメキシコのお菓子

↑日本の源氏パイの原型?
源氏パイにそっくりなお菓子を発見。



帰りは厳しい。

メキシコからアメリカへ入国するのは、空港のように、入国審査官からパスポートをしっかりチェックされる。

日本は島国なので、外国へ行くには船か、飛行機しか手段がない。
珍しい体験だった~★

それにしても、色々な国へ行って、普通の生活、普通の人々、普通のお店などなどを垣間見るのは楽しい!


20061017115934.jpg
 メキシコのナンバープレート(英語ではlicense plateという)



★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

海辺をサイクリング♪
2006年10月17日 (火) | 編集 |
この週末は、またまた天気が良く、風も心地よいので、土曜日は海へ出かけた。

折りたたみ自転車を車に積んで、サラサラ~爽やかな空気の中、珍しく私が運転して、目的地、芥屋大門(けやのおおと)へ。
あぁ、気持ちいい~

20061017093118.jpg
 折りたたみ自転車は、便利♪
 

folding bike 折りたたみ自転車
※foldは、折る、畳む。 folding chairは折畳み椅子。



ここへは、うちから、山を越えて1時間弱で行ける。
近い、近い!

玄界灘の荒波の浸食によってできた我が国最大の玄武洞・・・らしい。

20061017093003.jpg
 芥屋大門・・・いい眺め★

眺めがよく、海水もキレイで、景勝地なだけあって、人も多かった。

nice view いい眺め

scenic area 景勝地
※scenic 眺めのよい、風光明媚な



海沿いを自転車で二人、散策して回った。

ここは、サーフィンの有名な場所でもあり、サーファーがピョコピョコ波間に浮かんでいるのが見えた。

数にして、ざっと50人以上は浮かんでいたのでは?? すごい数!

パラグライダーも、あちこち飛んでいた。

パラグライダーは、丘や山の上から飛び降りないと出来ないと今まで、勝手に思っていたが、この海辺では、砂浜で海の強風を受けて、そのまま上へ上がり、長時間、海辺をユラユラ~浮かんでいる。

降りたい時も、うまい具合に、砂浜へ戻る。

ん~ッ!楽しそう♪

20061017093216.jpg
 ユラユラ♪気持ちよさそう~
  
丘から飛び降りるパラグライダーを阿蘇の俵山でやったことがあるが、
そのやり方だと、丘から下へ気持ちよぉ~く降りるのはいいが、降りた後は、重いパラグライダーの装具や、パラシュートを抱えて、エイコラ、エイコラ・・・と、丘を頑張って登らないといけない。

あれはきつかった!

この海辺のパラグライダーはいいなぁ!



思い立ったら、ほんの1時間ちょっとで、色々な地域の海に行ける、山に行ける、滝に行ける、川に行ける

・・・この日本のコンパクトな地形がありがたい♪

私達が住んでいたアメリカ・イリノイ州では、こうは行かないもんね~



★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪
テーマ:日記
ジャンル:日記
鼻の穴から★こんにちは♪
2006年10月13日 (金) | 編集 |
はじめに言っときます。
今日はえげつない内容なので、ヤな方は、スルーお願いします。


昨日、お昼休みに、車のオイル交換をしてきた。

どこでやってもいいのだけど、近場の、この車を買った、ディーラーでお願いした。

オイル交換中にSSと、雑談していたら、車を買った時にお世話になったセールスのおじさんが、お昼休みだというのに、いつものように、ちょっと挨拶がてらに顔を出してくれた。



・・・が、パッと目に付いた。
目に付かないわけがない。とても大きい~、巨大な鼻○そ!!

booger 鼻○そ ブゥガーと読む
※snotはboogerよりも”ゆるい”

have a bat in the cave 鼻の穴に鼻○そがある。
※コウモリが洞窟にいる様子・・・ナイスイメージ!



確認のため、もう一度、見る。

やっぱり、そうだ・・・

彼の左の鼻の穴から、”半分”顔を出している。

ハロ~♪



ニコニコいつものように愛想のいいおじさん・・・教えてあげた方がいいか、それとも、失礼になっちゃうか、迷いつつも、もう、顔は上げられない。

もう一度見たら、確実にプッ!と吹き出してしまう。

おじさんの顔を直視しないように顔を斜めに、下に向けたまま、話を聞く・・・

いや~、全然ッ、頭に入らない。

チラリと、SSの方を見たら、もちろん彼も気付いているが、しっかり、
おじさんの顔を見て話を聞いている。うっすら、笑いをこらえているのが見て取れる。

偉いよ~、それでもちゃんとおじさんの顔を見て、話を聞いているもん。


SSの顔もこれ以上見ていたら、本気で吹き出してしまう。

大人らしく、ポーカーフェイスを繕うことも危うい。

どぉしましょ??

What to do? どうしましょ?



そんな私の奇行に気付いたのか、それともSSが彼の鼻の穴に向けている
熱い視線に気付いたのか、ヒラヒラ鼻息で動く物体の存在に気付いたのか、おじさん、席を立って、ティッシュで鼻を拭き拭き♪

あぁ~、よかった。
笑いをこらえるのは大変・・・!

Thank god! あぁ~、よかった。
※godがつくが、深い意味はなく、ただ単に「よかった♪」の意




オイル交換後、SSと「ありゃーデカかったね!What a massive booger!」と二人で心置きなく笑った。ごめんなさいよ~

massive 巨大な、ドデカイ
※英英辞典の方が、もっとよく意味が表せているので載せます♪
massive:unusually large/large in comparison with what is typical or usual



皆さんだったらどうする??




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
男のッ★ポテサ
2006年10月11日 (水) | 編集 |
例のカンザスの友人、Danの家に滞在中・・・
関連記事:クラッシックカーでカンザス入り♪

Danがある晩、ポテトサラダを作ってくれた。

私とSSは、ポテトサラダを短く”ポテサ”と呼ぶ。
・・・どうでもいいが。

We call potato salada "potesa" for short. 私達はポテトサラダを略してポテサと呼ぶ。

for short 略して、短くして



SSのポテサも、かなりおいしい。
みじん切りにした、生のタマネギのピリッと感のあるポテサだ。

ジャガイモは皮付きのままつぶす。でも、つぶし過ぎずにコロコロさせるのがミソ。

chunky 粒のある、固まり入った、コロコロした

※だから、粒入りピーナッツバターはchunkyと書いてある。

That's the key. それがミソ。それが秘訣



いったいDanは、どのようなポテサを作るだろうか・・・??

興味深々の私は、キッチンでDanの横にカメラを構えて、ピタリと立つ。
(手伝いもせずにね^^;)

皮付きのまま、半分に切って茹でたポテト、
殻をむいたゆで卵を数個、
オリーブの実を数個、
チョイと茹でて、4cmに切ったネギ、
マスタード、
ブラックペッパー、
アメリカの瓶入りマヨネーズ


・・・以上の材料を、Danはパパパッと
深鍋にどんどん入れた。



20061012141603.jpg
 ドデカイアメリカの瓶入りマヨネーズ

20061011161816.jpg
 材料がゴロゴロ深鍋に入った状態・・・

”ほうぅ~、深鍋。
これは相当な量になるな・・・でも、材料は全部、そのままなんだけれど・・・”

・・・と疑問に思っていると、私が、見てるそばで、Danがスプーンを
材料にググッと差し込んだ。

そして、ものすごい勢いで、バシバシ、スプーンで材料をつぶし始めた。

ビシビシ、混ぜる。
どんどん、材料がつぶれる、つぶれる~!!

目にも留まらない速さだった。ゆで卵なんか、丸ごとだよ。

ポテトも大きいのが半分に切っただけで、ゴロゴロしてるよ。

その、大量の材料が、あっという間に、なめらかぁな、ポテサに早変わり・・・

びっくり、ビックリ!
Wow!! Wow!!

20061011161939.jpg
 ほら、目にも留まらぬ速さでしょう~

Wow!! なんとmanlyな、ポテサなの~!と、思わず言ったら、周りの皆から、ハハハ!と笑われた。

manly 男っぽい、男らしい



それにしても、マスタードと、挽きたての黒こしょうの味がきいた、
おいしい♪ポテサだった。

歯ざわりも、ほんとに滑らか。

20061011162050.jpg
 できあがり♪

その日の夕食の、サラダとして食べ、次の日の昼食は、ポテサ・サンドウィッチとして食べた。

なんと、パワフルな男のッ★ポテサ!




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪
毎日TOEICの問題を提供してくれるサイト♪
2006年10月11日 (水) | 編集 |
TOEICの問題を毎日提供してくれるサイトの紹介。

TOEICに挑戦する人も、しない人も、
ちょっとずつ英語のリスニングとリーディングの
練習ができるサイト。


●Yahoo/TOEICデイリーミニテスト●


↑のリンクをクリックして、
”今日の問題”に挑戦してみては??





★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
お手軽★キャンプ
2006年10月10日 (火) | 編集 |
この連休はスッキリ晴れて、あぁ気持ちよかった・・・

9、10、11月と、日本は連休のオンパレード。
それにしても、日本は祝祭日が多いねぇ・・・
(参照:祝祭日が多い日本)



気持ちよすぎる気候に、じっとしていられず、例のごとく・・・

土曜日は仕事の後に、日帰りでクライミング、日曜日は、うちの両親も誘って近くの山へ登山、登山を終え、両親と別れた後に、急に思い立って泊りがけでクライミング旅行へ行く事にした。

思い立ったら行動の早い私達・・・!
1時間でキャンプの用意と、クライミングの準備をし、高速に乗って、家を出て3時間後には、遠く離れた県で、夕食も済ませ、温泉につかって、満月を見ながら、一息・・・ほぉっ



私達のキャンプはキャンプといっても、必要最小限の、とってもお手軽キャンプなのだ。簡単簡単♪

用意に1時間、帰ってきて後片付けにも30分しか、かからない。



今回キャンプしたのは、山のてっぺんの駐車場。

はるか彼方に見える、キラキラ☆瞬く夜景を見ながら、満月の明かりに照らされた大きな岩の上にSSと二人で座り、鈴虫の声をBGMにビールを飲んだ。

誰もいない・・・なんとも贅沢。



駐車場でキャンプは私達にとっては、いつものこと。日本はまだまだ安全。街中じゃない、山の中なら、どこでも寝れる。



あ、でも神戸の駅の近くの公園でキャンプした事もあったっけ。
朝の出勤時間にそろそろ起き出してたら、行き交うサラリーマンが見て見ぬ振りしてたなぁ。あの時は特別。都市部のキャンプはあれが最初で最後。

そういや、岡山県かどこかの高速道のサービスエリアでキャンプした事も・・・さすがにその時は、行き交うトラックの音がうるさすぎて眠れなかったので、数時間でやめたが。

高速道って夜はトラックばっかり。当たり前か。



鳥取の砂丘では砂丘のど真ん中でキャンプした事もある。

dune(海浜などの低い)砂丘



やっと、ウトウトしてきたら、ジャンジャカ♪ジャンジャカ♪とギターの音。

若者達がキャンプファイヤーを囲んで青春を謳歌♪し始めちゃったよ~



・・・と、数え切れないほど、様々な場所でキャンプ。



気候が良くて、山の中なら、テントなしで、そのままイモムシのように
寝袋に入って転がって寝ることもある。

sleeping bag 寝袋

 

その時は、そのまま、満天の星を眺めながら眠る。朝は朝露でしっとり顔が濡れてしまうが。

dew 朝露、露
wet with dew 露にぬれた



アメリカでは、よい子は絶対真似しないでね。日本だからできる事・・・

これも日本のよいことの一つ♪





★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:アウトドア
ジャンル:趣味・実用
地域の掃除★田舎編
2006年10月08日 (日) | 編集 |
私達が住む、この300年以上の伝統ひきずるを持つ田舎では、
年に3回、地区の掃除がある。

春に1回、夏に1回、そして、秋に1回。

この掃除、決まって、気候がよくなった、うららかな爽やかな時期と、
3日連休の真ん中の日にある。

それも、掃除直前の2、3日前など、突然ポストにお知らせが入る。

当日は早朝6時20分頃から、「繰り返します~、繰り返します~」と、村のアナウンスが4回ほど大音量で入る。
(関連:田舎の騒音(*_*))



1世帯につき必ず1人掃除に出ないといけない。

掃除にでなかった家庭は、5000円の罰金、出不足金というものを払わないといけない。

同じ市の別の地域の出不足金を聞いたが、どこも1000円くらいで、
うちの地域は5000円と言うと、ビックリされる。



それだけじゃぁない。

世帯から女の人が掃除に出ると、”女は男よりも労力が少ない”ということから、掃除に出たにも関わらず、2500円を
払わないといけない。

いったい時代はいつ?ッて感じ。

だから、ウチはいつも、SSが頑張って行ってくれる。



春の掃除が一番大々的にあり、朝8時~午後3時過ぎまで、しっかり”ドブさらい”をする。

このドブさらい、村に張り巡らされた、幅1.2mほどの用水路に膝まで入り、スコップを使って一日中、肩の高さまである用水路脇の道路に
泥を上げる作業を続ける。

ゴミはあっても拾わない。ゴミ拾いは目的じゃぁない、泥を上げるのさ。

ただ、泥を上げるパフォーマンス作業を延々と続ける。

泥を上げた道も、汚くなるし、道に上げただけの泥は、数日もすれば、
雨に流されて、また、用水路に逆戻り。

意味ないじゃん。



今日は3日連休の真ん中。
例のごとく、直前に掃除のお知らせがポストに入り、朝早くから大音量の放送で目が覚めた。

SSが朝早くから掃除に出掛けて行った。秋の掃除は、草刈だけで半日で終わる。



この掃除中に、SSがうちの近所の人に「アメリカはこんな風に近所で掃除をするか?」・・・と、たまに訊かれるそう。

そんな時、彼は「No. 税金から市の職員又は、業者が必要な所は掃除をする。だから、税金を払っている。」と言うらしい。

すると、SSに質問した人達は顔を見合わせて、「・・・日本でも、税金払っているよねぇ??」と首をかしげるそう。





★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:異文化を楽しむ!
ジャンル:海外情報
アメリカと日本★求人の違い
2006年10月05日 (木) | 編集 |
アメリカで職探しをする際の、会社に提出する履歴書には年齢は勿論、性別や、家族構成、自分の写真などの情報は全く要らない。

resume 履歴書

job hunting 職探し、求職活動



要らないというより、書いてはいけない事になっている。

連邦法により、雇用者は人種、性別、国籍、年齢などを理由に雇用にかかわる決定をしてはいけないそうだ。



アメリカでは履歴書は手書きではなく、パソコンで打ったものを大量にあちこちの会社に送ることもザラ。

自分らしい”色”を出すために、履歴書用のこだわりの紙を選ぶときも、材質や色を吟味する。



日本では、履歴書は一枚一枚、手書きで”誠意”を見せないといけない。

”字は体を表す”という考えも日本にはあるから、きれいな字で自分をアピールしないといけない。

履歴書に貼るための写真も上半身だけでも、こざっぱりとしたリクルートファッション。



日本では求人広告にはしっかり、求む25歳までの女性、昭和何年生まれまでだとか書くのが当たり前のよう。

アメリカでそんな事を会社が求人に書いた日には、”差別!”と、裁判沙汰にもなりかねない。絶対書けない!

discrimination 差別



イギリスもつい最近までは、求人に25歳までなどという年齢制限を
書いていたらしいが、それも、ついになくなったとCNNで見た。

日本もそのうちなくなるだろうか・・・??
なくならないだろうねぇ(+_+)



★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:異文化を楽しむ!
ジャンル:海外情報
ジャコランタンを日本のカボチャで作ってみた♪
2006年10月04日 (水) | 編集 |
ちょっぴり外側がオレンジ色のカボチャを見つけたので、SSがハロウィーンのちょうちんを作った。

jack-o'-lantern カボチャちょうちん



日本のカボチャでちょうちんを作るのは、これが2回目。



1回目はSSが日本に来て間もない頃、日本で普通に見かける、緑のカボチャで作った。相当硬く、中身をくりぬくのに四苦八苦してたっけ。

今回のカボチャも、ちょっぴりオレンジ色だけれど、皮まで食べれる、甘くてホクホクのいつもの日本のカボチャ。

アメリカのハロウィーン用パンプキンとは全く種類が違う。



キレイにちょうちんが出来たのはいいけれど、作った次の日には、もう、乾いて、縮んで、シワシワ状態。皮まで食べれる日本のカボチャは柔らかすぎて、ちょうちんを作っても全く日持ちがしない。

だけど、中にロウソクを灯すと、蓋の部分がロウソクの火で、いい具合に焼けて、教室中が甘~い香りに包まれる。さすが日本の甘~いカボチャ♪



アメリカのハロウィーン用のカボチャは、皮も硬く、ちょうちんを作っても、2、3週間はもつ。(アメリカの乾いた気候下で

s-Scan0088.jpg
アメリカで作ったちょうちん♪ デカイッ!

中身はほとんど食べれない。無理矢理パイやスープも作れないことはないが、もちろんアメリカにも食用のカボチャは別にあるので、パイやスープはそれを使う。

しかし!
驚くことに、カボチャの種は食べれる。種の中身だけじゃなく、殻ごと食べる。

ちょうちんの中から取り出した種をよぉーく洗ってぬめりをとり、1時間以上塩水に浸けた後、油を敷いた鉄板又はアルミホイルの上に重ならないように均等に広げ、塩をまぶして、オーブンで種が黄金色になるまでよく焼くだけ。

カリカリでビールのつまみにもいい。日本のカボチャの種で作ったこともあるが、同じくおいしかった。



・・・ということで、日本のカボチャで作ったちょうちんは、3日目の今日は、見るも無残に年老いていた。

20061004203138.jpg
 たった3日でこの状態

口の辺りが、ホント、お年寄り・・・って感じ。残念(+_+)



そういうわけで、今年初めてウチの教室で開催する、”パンプキンちょうちん作り会”に使うパンプキンは、アメリカから輸入のパンプキンを使用することにした。

子供達も、大人の生徒さん達も張り切っている♪




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


テーマ:異文化を楽しむ!
ジャンル:海外情報
単語1日1問★
2006年10月04日 (水) | 編集 |
これも毎日、問題が新しくなる、
アルクのサイト。

●EJの単語1日1問●


日常会話に頻出の英語表現、
時事英語表現をテスト形式で毎日1問、紹介してくれる。

単語を前後の文脈から予想するいい練習になる。

答えが分ったら、文章ごと覚えるとなお良い。

日本人が間違って使いがちな表現や、
定番表現の意外なニュアンスの
詳しい解説付きで、わかりやすい

おすすめ♪




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
世界の上空へご案内♪
2006年10月04日 (水) | 編集 |
Google Map にはまっている。

●Google Mapへジャンプ●

NASAの航空写真を使っていて、世界中のありとあらゆる地域の航空写真を見ることが出来る。

地図とオーバーラップして見ることも出来て、今自分が世界のどの辺を飛んで(?)いるのかも分るようになっている。

地域によっては、車や、人が歩いているのが、はっきりと分るものもある。



今までに旅行した地域や、行った事のない地域、友達が住んでいる所を、ビュンビュンと飛行機に乗っているみたいにドラッグして見て行くと、楽しい♪

アメリカの上空はもちろん、ウチの教室から行った、ホームステイで、
イギリスのワイト島でお世話になったホストファミリーの家もすぐに見つけた。

行ったことがない観光地の上空も、見知らぬ国の街の風景もとても興味深い。


勿論自分の家も見れる。ウチの車が止まってる!実家を見たり、普段見ることがない住んでいる地域の上空写真もおもしろい。


色々な国の色々な地形を見るのは楽しい。飛行機に乗っているみたいで、気分も爽快!

世界は広いので、まだ見てない地域もいっぱいある。

いやはや、未来だねぇ・・・なんとも便利だわ~♪





★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:★私のお気に入り★
ジャンル:趣味・実用
鳩の穴??(・_・)......?
2006年10月03日 (火) | 編集 |
前にも書いたが、私達夫婦は、完全に家事を分担している。自分達で英語の寺子屋を運営しているので、そっちの方の仕事も分担している。

基本は、その家事をするのが好きな人、又は、「やっても構わないよ~」という方がやる。

house work 家事



例えば、料理が大大大~好きな、SSは、料理担当。ゴミ捨て、庭の草刈、レッスンに使うイラスト、私の作ったプリントの校正も彼が担当。

私は、英語教室の運営全般と総務、レッスンプラン、掃除、洗濯を担当。



英語の教室は午前と、夕方~夜遅くまで忙しい。

空き時間に、私はレッスンの準備やらプリント作成、経理のコンピューターワークをし、彼は、その日に食べる3食を作って、後片付けもする。

do dishes 皿洗い(食後の後片付け)



お昼ごはんを栄養たっぷりのものしっかり食べて、夜ご飯は、レッスンの空き時間(15分~30分)の間にパパパーッと、軽く食べる。

たまに、SSがスーパーへ食材の買出しへ行く事もある。そんな時、たまたま、うちの大人の生徒さんに会ったりすると、「わ!奥さんに内緒で、なんか特別なディナーでも作るの?」と言われるそう。・・・いえいえ、料理は彼の担当なんですよ。何も特別な日って訳じゃぁないんです。


また、ある時は、レッスン中に料理の話になり、SSは料理できるかどうかと、生徒さんに聞かれ、料理どころか、日本食も料理できるし、おまけに毎食ほとんど彼が作る事を皆に言うと、相当ビックリされる。

「ま、でも、後片付けはやっぱり奥さんがするんでしょう~?やっぱり男の人はねぇ、料理はしても、片づけまではしないよねぇ・・。」と、締めくくろうとする生徒さん達に、「いえ、片付けも彼がします♪」と言うと、またまた、ビックリされる。

だからといって、うちがカカア殿下とか私がハバを利かせている訳ぢゃぁ~ない。

hen pecked カカア殿下、尻に引かれた

※hen めんどり
 peck 口ばしでつつく
 で、雌鳥に口ばしでつつかれた・・・という受身ね♪



これがうちの、夫婦のチームワークなのだ。



まぁ、外で仕事をしている夫の皆さんは、うちに帰ってまで食事の用意をする・・・という訳にはいかないだろう。うちの仕事形態自体が特殊だしね。

でも、最近では夫婦共働きも多い。そんなケースでも、夫と同じように仕事で疲れて帰ってきた奥さんが、さらに、家事、育児に追われ・・・ということはまだまだ多いのではないだろうか?

double-income 共働き

※income 収入




私の両親がそうだった。
両親共に働いて、両方、同じように疲れていても、母親だけが、朝仕事に行く前から、夜寝るまで、子供の世話、食事の用意、洗濯、掃除に追われていた。子供心にも、なんて不平等なんだ!こんなの絶対イヤだ!と思ったものだった。



料理は女の人の仕事・・・
男の人は、気が向いた時に料理はしても、後片付けはやっぱりしない。

やっぱり、男の人は・・・
やっぱり、女の人は・・・だけでなく、
やっぱり、外国人は・・・
やっぱり、アメリカ人は・・・
やっぱり、やっぱり、やっぱり・・・やっぱりね~
・・・と分類しがち、されがち。

それを、イヤ、そんなことないですよ~^^;と、ウチはこうです、彼はアメリカ人でも、男だけれども、こうです、私は日本人だけど、女だけれど、こうですよぉ・・・と、固定観念には、あてはまらない私達のやり方を理解していただく。

そうやって型にはまらない、私達の”一風変わった生活”を生徒さんにお伝えするのも、ウチの教室の役割かなぁ・・・なんて、最近思う。

pigeonhole 決め付ける事。固定観念を持って、人を分類すること

※鳩の小屋を連想させるような”鳩の巣”という元々の意味から派生し、名詞では整理戸棚、動詞では整理分類するという意味



もちろん、私自身もpigeonholeしないように気をつけないと。





★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
パンケーキのように★まっ平ら
2006年10月02日 (月) | 編集 |
私達が住んでいたアメリカ、イリノイ州は、プレーリー(大平原/大草原=prairie)の”ど真ん中”。まっ平ら、まっ平ら、ホントォォォに平たい。

その広大さは、島国ニッポン出の私の度肝を抜いた。とにかく、平たく、広い!

住宅地をちょっと出るだけで、見渡す限りの地平線が広がる。

イリノイに住んでいる人が、自分達の州の地形を他州の人に説明する時は必ず、「Flat as a pancake!」と言う。


(as)flat as a pancake ぺちゃんこの、完璧に平らなこと
※パンケーキのように平たいことから




イリノイで見る地平線は、水平ではなく、緩やかにカーブしていることからも、地球は丸い事が実感できる。



遥か彼方を飛行機が飛んでいるのも、良く見えた。飛行機が、水平線の上を垂直にビューンと上がって行くのを始めて見た時は新鮮だった。

空の広さがそうさせるのか、日本ではそんなに遠くまで、見えないからか、地面からまっすぐ垂直に上がる光景は、とても珍しかった。

vertically 垂直に





s-01690097.jpg
とにかく平たいイリノイ州


イリノイ州の田舎は見渡す限りのコーン畑、大豆畑だらけ。

秋はコーンの収穫時期なので、刈り入れ後は、ますます地平線がよく見えていた。

SSと二人、住宅地からマウンテンバイクで刈り入れの終わったコーン畑へ行き、畑の真ん中に立って周りを見渡すのが好きだった。

畑の真ん中に立つと、360度の地平線が見渡せる、地球の”地肌”に、二人が2本の剃り忘れた毛のように、ポツネン・・・と立っているということが、よぉーく実感できた。




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪


テーマ:海外生活
ジャンル:海外情報
英語の記事+発音練習にGood♪
2006年10月01日 (日) | 編集 |
英検やTOEIC等の資格試験準備などでは、
時事英語に慣れる事も大切になってくる。



英語を読む力をつけるためにも
英字新聞はおすすめ♪

・・・なんだけれど、
英字新聞やニュース記事を、
いきなり、大量に読むのはつらい。

大体、英字新聞を取るとゴミが増えて面倒!
最近はネットでもニュースの記事は読めるので、
6ヶ月で新聞はやめちゃった。ハードコピーはねぇ・・・(ため息)



いきなり大量の英字ニュースはつらい~ので、
ちょっとずつ、英語の記事に慣れるのに
ちょうどいいメルマガの紹介。

●「2パラグラフで英字新聞を読もう」●



その名の通り、毎回、2パラグラフ程度の
短いニュース記事を取り上げている。

このメルマガのいい所は、
程よい記事の長さだけや、記事の翻訳、
単語や熟語の解説だけではない!!

ネイティブスピーカーの音声付ってのがいい!



記事を”遅く&速く”と二つのスピードで聞けて、
音声もクリア。

押さえておきたい単語や熟語まで、
ご丁寧に発音してくれる。

音声を再生しながら、一時停止を押して、
しっかりリピートすれば、発音練習も出来る。



記事を読む音声の、特に抑揚、
英語のリズム
を極力聞き取り、
しっかり真似すれば、なお良い。

これはおすすめ♪





※※※私のブログで紹介する、リンク等はアフィリエイトなど一切関係ありません。企業の回し者でも、ありゃ~しませんので、安心してクリックしてくださいな♪※※※




★ブログランキング参加中・・・応援してくださる方、役に立った方、バナーをクリックお願いします(^-^)

応援ありがとうございます♪

テーマ:英語
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。