田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まっ、マフィア・・・(゜゜;)
2006年06月09日 (金) | 編集 |

第一回ホームステイはシカゴ実施♪

SSはアメリカのシカゴ出身です・・・と、言っても、ほとんどの日本人が、「え?シカゴ?どこだろう??何が有名だっけ?」と、シカゴのイメージすらないとほとんどなさそうです。

ニューヨーク、ロサンジェルスに並ぶ、アメリカの大都市の1つで、シカゴ空港(オヘア)は、アメリカで一番Busyな空港だというのに、こんなにも日本人に知名度が低いとは、SSもため息もんです。

Chicago isn't well known among Japanese people.シカゴは日本人によく知られていない。

「ほら、ほら、シカゴ・ブルスとか、マイケル・ジョーダン(ちと、古い)とか、んーっ、あと、世界一高いビルもあったシカゴさ!」と、必死に言っても、イマイチ反応が??なんですよね。

シカゴって、大都市なんだけれども、スパッとした摩天楼の建築物の美しさ、なんでも世界の高層ビル群はシカゴから始まったとか・・・各国料理のレストランはおいしいし、見るとこいっぱいあるのに、観光で行く人はいないのかなぁ・・・?私達を初め、シカゴに住んでいる人は、シカゴ大好き!だけど、知名度は低い・・・

skyscraper 超高層ビル, 摩天楼

でも!うちの両親くらいの年代50代後半以上の方々は、口を揃えて「シカゴ!マフィア!あぁ~アル・カポネね!」と懐かしい目・・・”シカゴといえば、マフィア”のイメージが強いようです。はぁ。


確かに、シカゴには未だに、マフィアはいますが、そりゃー、大都市だったらどこでも同じではないでしょうか?ジャパニーズ・ヤクザと同じで、表立って活動はしてませんよ~危なくないですよ~!

日本ではイチローが大リーガーとして有名ですが、今はなんでも、シカゴのWhiteSoxで、井口選手も大活躍しているそうですよ。井口ファンもアメリカにたくさんいるらしいです・・・、とシカゴの友達から聞きました。

私達は二人とも、野球には興味ナシ、ゼロなので・・・「ええっ!SSはアメリカ人なのに野球に興味がないぃぃぃぃ??」・・・この事についても同じような反応を皆様から頂きますが、話せば長くなるので、またいつか。



ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:英語・その他外国語
ジャンル:趣味・実用
ちょっと気が早かったf(^^;)
2006年06月09日 (金) | 編集 |
今日も昨日に引き続き、肌寒い!It's chilly!

おとといまでは32度の真夏日が続いていたのに、昨日に入って急に温度が10度以上も下がった。昨日は日中でも19度、今日は22度と、もうちょっとで押入れにしまうとこだった七分袖とジーンズに逆戻り。

three-quarter sleeve shirt 七分袖のシャツ 
※three-quarterは4分の3。

実は、あまりにも暑くなって来たので、月曜日にはりきって、すだれを家のありとあらゆる窓にSSに下げてもらったばっかりなんです。

We summerfied our house. 家など、夏の避暑対策をする。夏の準備をする。
※summerfied は辞書にはのってません。私達の独自の表現??
mummifiedミイラ化した。という”~化する”の、”-fied”から取って・・・
ちなみにwinterize 防寒設備、冬の準備をする・・・は辞書にものってます。

bamboo shade/reed screen すだれ

おかげで、月、火、水曜・・・と外は、うだるような暑さでも、家の中はスーッと涼しく気持ちよかったのですが、昨日からの寒さで、家の中がすだれでくらーく、寒さが増しているような気がします。ブルブルッ

ちょっと気が早かったかな?

We jumped the gun and put the bamboo shade up too soon. 早まってすだれを早くつけすぎた。
※jump the gun 早まった事をする(駆け足などの競技でスタートのピストルの合図より、早めに飛び出てしまうことから)


近所の家を見回しても、すだれを下げている家はなく、もしかして、すだれって梅雨が明けてから下げるものかな?・・・たしかに梅雨の間は、すだれを下げていると、ますます家の中が暗くなってよくないよねぇ・・・しかし、せっかく汗だくになってSSが下げてくれたから、今更やっぱり降ろしてとも言いにくいしぃ・・・ま、本格的に梅雨に入ったら、降ろしてもらうとして・・・

ところで、うちの家は前にも書いたように、昔の民家なんで、夏は北と南側の窓を全開すれば、風が家中に抜けて気持ちいいんですよ~。

よく電力や電気の事はわからないけれど、なんでも、この古い家の電力?アンペア?・・・何かが足りなくてエアコンは設置できないと不動産から入居時に言われたんです。

・・・そうなんです、今の時代、エアコンなしで英会話教室やっちゃってるんですよ!扇風機一台で、夏を乗り越える!生徒の皆さん、ご理解ありがとうございますm( _ _ ) m

冬は電気ヒーター、灯油ストーブ、ホットカーペットでしっかり、暖かく生徒さんを迎えてますけど、夏だけは・・・。すいませんf(^^;)

で、夏は寝る時でも、私達が窓全開(網戸はあります)で寝ていると言うと、向こう岸(こっち側より随分都会)に住んでいる方々に「えーっ!怖くないですか?」と真顔で言われます。防犯上&エアコンあるから皆さん、しっかり窓は閉めて寝るそうです。

田舎は、お気楽です(^-^)



ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:英語・その他外国語
ジャンル:趣味・実用
ホタルの季節・・・
2006年06月07日 (水) | 編集 |
日本は今年もホタルの季節になりました。教室の生徒さんも「What's new?」の最近の話で蛍見の話がよく出てきます。蛍見のスポットも決まっていて、大勢の人が短い間だけの貴重なホタルを見に出かけるのが、この季節の定番になっています。

firefly ホタル

日本のホタルはかよわく、1ヶ月程の短い命で、甘い水(きれいな清流)を好み、ヨワヨワ・・・ヒラヒラ~~儚いイメージがありますよね。

私もアメリカに住むまではホタルと言えば、そんなイメージを持ってました・・・が!

私達が住んでいたアメリカ中西部(プレーリー辺り)ではホタルは全く、貴重な存在などではありゃーしませんでした。

うちの近所のホタルは、その国の人々のように、日本のホタルと比べて大きく、頑丈で、川はおろか、湖もないので、甘い水など無縁な土地で、図太く生きていました。

蛍シーズンも長く、夏の間中だから3ヶ月くらい、蛍の光を楽しめました。

6月に入る位から、何十匹ものホタルが庭のあちこちをブンブン元気よく飛びはじめ、庭仕事をしてると、うざったいほど。ブンブン・・・

毎晩、夜になると、歩道の脇に植えてあるオークの大木に、たくさんのホタルの光がクリスマスツリーのライトのようにのチカチカ瞬き、空中にも、これまた何十匹ものホタルがヒラヒラと光りながら漂います。

blink 光がチラチラ、チカチカ

その様子を玄関のステップにSSと二人座って、眺めるのが夏の夜の定番でした。
まさに、プライベート蛍ショー!

ホタルの群がる木の、遠く向こうに見える近所の家々の窓の灯りもやさしく、このまま、この眺めを切り取って額に入れたいほど、絵になるメルヘンチックな風景でした。

もちろん、日本に帰ってから、蛍見にも行ってますよ。しかし、日本での蛍見は風情はあっても、人が多いし、規模も小さいし、アメリカの蛍の思い出にはかなわないかなぁ・・・


ちなみ、アメリカでは蛍はこのように数が多く貴重ではないので、子供達が蛍のお尻から蛍光塗料を取って、それを顔や体に塗って遊ぶそうで、SSも子供の頃は、まぶたや目の下、頬、手の甲などに蛍の汁を塗って遊んでたそうです。

When I was a kid, we used firefly's bottoms as glowing body paint. 子供の頃、蛍のお尻の汁を蛍光ボディーペイントとして使ったもんだ

ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
テーマ:英語あれこれ
ジャンル:趣味・実用
お皿をすすがない(*_*;;
2006年06月06日 (火) | 編集 |
去年のホームステイはイギリスへ生徒さんを連れて行ってきた。

アメリカのみをよく知る私にとって、イギリスは”アメリカとどう違うのだろう??”と、いつもの”違いを探すアンテナ”を張りっぱなしだった。(いつもはアメリカと日本の違いを探しているが・・・)

このブログでも、ちょこちょこイギリスでの私なりに気付いた事を紹介しようと思うが、今日はイギリスで最もびっくりした事・・・のご紹介



観光はロンドンを中心に、ホームステイはイギリス本島、ポーツマスの南にある”ワイト島”で実施。

日本で知り合い、クライミング仲間だったイギリス人Tの実家がワイト島にあり、生徒さん達はTの実家と、Tのご両親に紹介してもらった別の家族に分かれてホームステイをした。

Tのお母さんは、彼女の家にお世話になる生徒さんだけでなく、私達も含めた他の生徒さん達の分も、お昼を2回、夕食1回と素朴な家庭料理の品々を振舞ってくれた。



大人数分の料理の準備は大変だし、後片付けまでお世話になっちゃいけないと、私と生徒のAさん二人で、皿洗いと皿拭きのお手伝いを買って出た。

「じゃぁ、お願いするわね」と、しばし、その場を離れたTのお母さん。

よそのおうちのキッチンでは、そこのおうちの人がやっているようにやらないと!と、Tのお母さんがやっているように、たらいに水を溜めてその中でどんどん、ゴシゴシ皿を洗い、一通りの食器を洗ったら、今度はAさんが蛇口から水を出しながら皿をすすぎ、私が布巾で拭う係・・・と流れ作業でホイホイやっていた。

すると、キッチンに戻ってきたTのお母さんが、後ろから「もったいないっ!水を流しっぱなしで何やってるの?!止めなさーい!」とすごい剣幕。

彼女が真剣に怒っている様子に、私達もオドオド・・・すぐに水を止めて「えっ?でも、水出さないで、どうやってすすぐの?」と尋ねると、
そのまま、布巾で拭くの!もうっ!全くもったいない!」・・・とプリプリ。

「えっ!すすがない?!そのまま拭く???洗剤が残るんじゃ?」と素直な疑問をぶつけると、「だって洗剤の味しないでしょ」とあっさり。

You don't taste the soap, right? 洗剤の味しないでしょ



郷に入れば郷に従え・・・抵抗はあったが、お母さんが見張ってるので、泡が付いたままの皿を布巾でそのまま拭きましたよ。

きっとワイト島では水が貴重なんだろう・・・とAさんとブツブツ話しながらお役目終了。

後で、このことをSSに話すと、SSのイギリス留学時代のルームメイトはアイルランド人で、彼も同じようにお皿を洗った後にすすがないで、そのまま泡を拭き取り、SSを初め、そこにいたアメリカ人の度肝を抜いたそう。



ちなみに、お母さんは布巾の事をtea towelと呼んでいて、なんだか響きがかわいいなぁと思った(^-^)

dish rag/dish towel 布巾(アメリカ)  ※ragは雑巾の意味でも使う
tea towel 布巾(イギリス・・・ワイト島だけ?)


rinse すすぐ、洗い落とす、ゆすぎ

To the shock of us Japanese. 日本人の私達にとってショックな事



アメリカでは逆に、巨大なdishwasher(食洗器)で何十分もグワングワン水を大量に使いながら、お皿を洗うのが一般的。

SSの実家では、お皿を一通り軽くスポンジですすいで(・・・というより、しっかりこの段階できれいになっている)から、食洗器に入れてさらに洗う。



私のイメージでは食洗器は読んで字のごとく、食器を洗う機械だから、汚れたお皿をそのまま入れるものだと思っていたので、なんだか2度手間で、水、電気、洗剤を大量に使って、なんてもったいない!と未だに、実家に帰る度に思っているが、それがうちの両親のやり方。

さっきアメリカでは食洗器を使うのが一般的と言ったけれども、私達がアメリカに住んでいた時は、貸家に食洗器は備え付けてなかった。もしあったとしても使わなかったかも。I think it's so wasteful.

do as the Romans do 郷に入れば郷に従え(When in RomeだけでもOK)



所変われば・・・異文化っておもしろい!  比べるの、やめられないっ


ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
テーマ:英語あれこれ
ジャンル:趣味・実用
”ハゲ”しいですね。
2006年06月02日 (金) | 編集 |
No offence.気を悪くしないでください。
読んで字のごとく、今日のブログはハゲに関することですが雑知識として軽く流してくださいな。

今日もCNNのニュースで見た事です。

ChicagoのMayorが、頭の禿げた記者に向かって、”Bald headed!ハゲ頭" と彼のハゲに関して失礼な発言をしたそう。

なんでも、彼はアメリカのNational Holidyにあたる、Memorial day の交通渋滞※にはまりたくないが為に、自分が通るtoll booth(料金所)を全てフルで開けさせたということで、ヒンシュクを買っている事について記者陣から追求されている最中の暴言でした。

The Chicago Mayor was just taking out his frustrations on the bald reporter. 八つ当たりしているだけ!



いくら、自分がヒンシュク買って立場が悪くなっているからといって、罪のない記者をTVカメラの前で、ハゲ呼ばわりするのは、相当大人気ない・・・こんな失礼な人がChicagoの市長だったとは、全然知りませんでした。ちなみにSSはChicago出身です。

※Memorial day は土曜日からの3連休前とあって高速は大渋滞になります。

CNNの画像はこちら
Bald guy butt of mayor's bad joke
http://www.emailthis.clickability.com/et/emailThis?clickMap=viewThis&etMailToID=360823845



The Mayor of Chicago makes fun of a bald reporter at a news conference. (CNN)

make fun of someone 誰々をからかう

【その他、little hair関係の英語】
bald 禿げた
bald spot 頭髪のない部分
receding hairline 髪の生え際が禿げて後退する 
comb over バーコード



ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
テーマ:英語あれこれ
ジャンル:趣味・実用
ホームレス警官(・・?)
2006年06月01日 (木) | 編集 |
今日CNNを見ていたら、”Decoy cop stops traffic”とのタイトルが出てきた。

何のこと?と思ってnews footageを見ていたら、フロリダのある所で、警官が汚い格好でホームレスに成りすまして道路の中央に立ち、信号無視をした車を無線で待機している仲間の警官に知らせるという取締りをやってるそう。"Don't run red lights"のメッセージを首からかけ、酔っ払った風にヨロヨロ上手にホームレスの振りをしている。

何人か捕まって、皆、おとなしくチケット切られてました。

アメリカで、ヨロヨロの格好にボール紙に書いたメッセージを持って、道路の真ん中に立っているホームレス、確かによく見かけることがあるが、まさかそれが警官だなんて誰も思わないでしょう。

他にも、同じような信号無視の取り締まりに、警官が道路工事の作業員や、売春婦(信号無視だけでなく、女の人を買おうとしている男も捕まえる事ができる、なるほど。)に成りすましているそうですよ~。

どこに、どんな格好で警官が見ているかわからないなんて、こわーい!
まぁ、当たり前にルール守ってれば良いだけの事ですけどね・・・

いやぁ、ホームレスの格好、板にはまってて、ホントこれが警官だなんて、わかんないですよ。


CNNの映像はこちら Decoy cop stops traffic

A cop posing as a homeless person is cracking down on red-light runners. (CNN)

decoy ”おとり”の意味
posing 見せかける
crack down 取り締まる
red-light runners信号無視をする人達


ブログランキング参加中・・・もしよかったらポチッとお願いします(^-^)
テーマ:英語あれこれ
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。