田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラズベリー?収穫!
2009年05月19日 (火) | 編集 |
s-028.jpg

今年も木イチゴのシーズンがやってきた♪
これって、たぶんラズベリーの一種??

チクチクでいやーな雑草に、甘くておいしい、真っ赤な実がなる。

今年は去年より少ないような・・・

去年は、収穫している時に腕がチクチクにあたって、
上半身にザーッと蕁麻疹ができてしまった。

だから今年は、SSに収穫をお願いした。

家の庭に勝手に果物が生るのって、いいよね~
この家も、前は、ビワが勝手になって、大量にビワを食べれたんだけど、その木も突然枯れちゃった。

夢は、借家じゃなくって、自分の家の庭に、色々な種類の果物の木を持つこと





スポンサーサイト
マジな顔で汲み取りの話は~^^;
2008年05月23日 (金) | 編集 |
知り合いのアイルランド人とスコットランド人の夫婦が、引っ越すことになった。
今までアパート住まいだったけど、赤ちゃんが生まれて、もっと広い借家を見つけたって。

さっき、アイルランド人の旦那さんの方(以下Iさん)から電話があり、SSに、”汲み取り”に関するあれこれ質問をしていた。だってIさんにとっては、うちのSSは汲み取り
の先輩!(^^)!・・・Iさん達の新しい借家は、汲み取り式なんで、どのくらいお金がかかるか謎らしく、真面目に汲み取りの質問を聞いてると、おかしくって笑ってしまった。だって、素敵なアイルランド人と素敵なアメリカ人が、真剣に汲み取り談義ですかい・・・(*^_^*)

そうよ、「汲み取りッ」・・・うちの家の辺りは、まだまだ下水道が通ってないので、トイレは汲み取りなのさ~・・・田舎なもんで。まぁ、汲み取り式ではあるけど、洋式トイレなのよ♪うちに来る人は、築70年近くのこの家に洋式トイレがあるとは思わないらしく、よっぽどの緊急でない限り、トイレに近づく人はほとんどいない。恐ろしいんだろうね、和式の、ボッチャントイレだと思って・・・

2か月に1回、そよ風に乗って、ほのかな”あの香り”が漂ってくると、「あぁ、もう汲み取りの時期なんだね、もう2ヶ月たったんだね~」と、SSと時が経つのは早いねぇとしみじみ・・・なんてしてる暇なく、家中の窓を閉める。便トラが不意打ちをかけて、うちの庭にすでにいる時は、窓を閉めるのはあきらめる。だって、閉めっ切ったら逆に中に臭いがこもるから。

が、たまぁぁぁに、お昼のレッスン中に香りが漂ってきた日にゃぁ、「田舎なもんで、スイマセン^^;」と苦笑い。

うちでは、汲み取りトラック(バキュームカーともいう)を、便所トラック、略して「便トラ」と呼ぶ。

この便トラの香りを、イギリスの南にある小さな島、ワイト島で嗅いだ事がある。緑爽やか~な、ワイト島の田舎道を車の窓を全開でドライブしてたら、あの香り。おぉ~!ワイト島も汲み取り式の所があるんだ!と、びっくりした。アメリカでも辺鄙な田舎では、汲み取り式があるらしいけど、私はまだ、アメリカでは”あの香り”を嗅いだ事はない。


テーマ:ナチュラルスタイル
ジャンル:ライフ
新鮮で四季折々の野菜♪
2007年09月07日 (金) | 編集 |
日本の田舎で暮らすことの特にいいことは・・・地元でとれた新鮮で四季折々の野菜が安く手に入ること!

いやぁぁぁ、この夏、アメリカに帰ってスーパーの野菜が、新鮮じゃないことにガックシ いつもこうだったかなぁ?それも一つのスーパーだけじゃなく、別のスーパーも、健康志向のスーパーでもそうだった。有機野菜なんだけどね。

確かにアメリカでは、日本では手に入らないような珍しい野菜など、種類は色々あるけれど、傷が目立ったり、葉物は葉っぱがボロボロだったり、ネギはサイズをそろえて扱いやすくするためか、青い所を半分くらいでジョッキリ切ってしまってる。

アメリカは広いから、輸送時間がかかる?だから新鮮じゃない?事情はいろいろあるだろうから、実際のとこ、わかんないけどね。

あと、アメリカのスーパーの野菜は、一年中同じ野菜が並び続けたっけ。いつの季節に行っても、年中、変わらない野菜ばかり。そういえば日本の季節ならではの野菜売り場が恋しかったなぁ・・・春が近づけば、フキノトウやら、タラの芽(春だったよね?)、採りたてのタケノコが並ぶ季節・・・などなど、年中、季節の移り変わりがわかる、野菜売り場って、本当にいい!


そういうアメリカでも、スーパーは季節感がないけど、たまにVegetable stand/vege stand(野菜直売所)みたいな、お店が田舎にポツネン・・・とあったり、週末にFarmer's marketといって、農家の人達が直接、野菜を売る市場が開かれたりする。

その時は、季節ならではの野菜も手に入る。新鮮だし♪
こういう、新鮮野菜は、格別においしい!!

イリノイに住んでいた時は、夏場にスーパーの近くで、コーン農家のおじちゃんが、トラックで新鮮なコーンを売ってたこともある。
おじちゃんのコーンのおいしかったこと!


●Farmer's marketの写真●

野菜の売り方も、ディスプレイの仕方も、アメリカは絵になる~。
さりげなくバスケットに入れて、おしゃれ♪







テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ
続・田舎の騒音~田舎っていいねぇぇぇぇぇぇぇぇ
2007年07月24日 (火) | 編集 |
去年、このブログでも書いたけど、また、今年もラヂオ体操の季節が始まったよ
記事はこちら→田舎の騒音

ラヂオ体操の放送が始まる5分前から、大音量でNHKを流してくれる。で、あのお馴染みの音楽で体操が始まる・・・6時25分だよ、まだ

うちの辺りはご存じ300年の伝統を誇るド田舎なので、周りは農家ばかり。でもね、うちは夜10時過ぎまで毎日仕事しているんで、朝の時間は貴重なんですけど・・・

ラヂオ体操って戦後始まったのかな?夏休みにだらけ気味になっちゃう子供たちを朝早くから”健康的な”体操を習慣づけさせるってことだろう。ほほう、21世紀になった今の今でも、あの戦後の番組でよく見るおかっぱ頭の女の子と、坊主頭の男の子が集団で体操をするシーンとおんなじことが今でも行われている。

2、3日前に見たブラピ出演の”Seven Years in Tibet”の中で出てきた、チベットが中国に侵攻された後に、チベットの町中に中国語の放送が大音響で流れているシーン・・・それを思い起こさせるねぇ。

子供の健康、しつけのために、体操を強制するのは、大いに結構。いいじゃなぁい? だけど子供以外の市民まで巻き込むのはやめておくれよ。よその地区みたいに、放送はやめてほしいが、300年の伝統をしつこく守る、この地域じゃ~、到底無理だろうねぇぇl



★ブログランキング参加中・・・もしよかったら、お好きな方のバナーをクリックお願いします(^-^)


応援ありがとうございます♪ 応援ありがとうございます♪
テーマ:田舎暮らし日記
ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。