田舎で自然に生きてます。英語のあれこれは→http://blog.alc.co.jp/d/3301789
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
象ニンニクぅ?!
2007年10月29日 (月) | 編集 |
この夏、アメリカで見つけた巨大ニンニク・・・・その名もELEPHANT GARLIC 




私の手から、はみ出るほどのデカさ。


どでけ~ッ



スポンサーサイト
テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ
カープール?
2007年05月18日 (金) | 編集 |
carpool カープールは、自動車で相乗りして通勤などすること。

carpool.jpg
一番左の白い標識がカープール斜線標識

車を減らして、交通渋滞を緩和し、おまけに排気ガスや二酸化炭素も減らしましょうって事。地球温暖化防止のアルゴアのサイト、”地球にとってできること”でもおすすめしてあったっけ。


アメリカのハイウェイなどでは、carpool 優先車線があるところもある。

20070518125434.jpg
 

指定人数以上で相乗りしている車なら、渋滞している他の車線を横目に、優先車線をスイスイ~っといける。

確かに一人しか乗っていない車だらけじゃ、渋滞も増えるよね。



★ブログランキング参加中・・・もしよかったら、お好きな方のバナーをクリックお願いします(^-^)


応援ありがとうございます♪ 応援ありがとうございます♪
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
血液型を知らない米国人
2007年05月17日 (木) | 編集 |
アメリカでは血液型で性格判断はしないんだって。

blood type 血液型


それどころか、自分の血液型すら知らない人がほとんどらしい。
「えっ、じゃぁ、事故にあって病院に運ばれたらどうすんの?」と疑問がわくが、SSが言うには、事故などあったその時に、病院で調べるのはすぐできるし、何てことないでしょ。・・・だそう。

SSは高校で献血をした時に、はじめて自分の血液型を知ったらしいが、未だに彼の家族の血液型は一人も知らない。

血液型は重要じゃないって。ましてや、4つしかない血液型で、性格をあーだ、こうだと、分けるなんて、ナンセンス!って・・・確かに。

日本では、血液型で運勢や性格判断をはじめ、自己紹介やプロフィールに血液型を盛り込み、血液型の話で盛り上り、「やっぱりB型ね」、「えっ?A型には見えない」・・・なんて会話はよく聞く。

じゃぁ、ハリウッドスターの血液型はなんだろう?と試しにネットで調べてみても、誰一人として血液型を公表しているスターはいなかった。「個人的な情報、それも医学的な情報を公表てどうなる?」ということだろう。

personal information 個人情報

medical information 医学的情報


ちなみに、あちらでは星占いが主流みたい。毎日の運勢も星占いが中心。

horoscope 星占い




★ブログランキング参加中・・・もしよかったら、お好きな方のバナーをクリックお願いします(^-^)


応援ありがとうございます♪ 応援ありがとうございます♪
養子を取る
2007年05月16日 (水) | 編集 |
アメリカでは、子供を養子に取るのは日常茶飯事。
最近の話題でもよく出るように、ビッグスターも養子をジャンジャン(?)取る。アンジェリーナ・ジョリーや、マドンナもそうだしね。

adopt 養子にする(ペットなども)


一般peopleも、子供ができないから・・・というに理由に限らず、養子を取る。養子を取りたい人の審査もあって、もちろん簡単に養子は取れないらしいが、養子に対する世間の目も実にあっさりしている。世間の目だけでなく、養父母に限らず、養子に取られた子供も養子であることを気にもしてない。養父母と明らかに人種の違う養子を取って、養子であることがバレバレでも、全くOK。

日本では養子というと、まぁ、色んなケースはあるだろうけど、私のイメージでは、世間や、養子に取られた子供には隠し通さないといけない、微妙な事に思える。

touchy subject 微妙な、敏感な話題


養父母が隠し通してきた事実を、養子である子供が、運転免許を取るために取った戸籍謄本で知ってしまう・・・ガーン!・・・なんてのもメロドラマでありがちなシーン。

養子であることを知ったがために、荒れてしまう、非行に走る・・・なんてのは、もう昔の話かな?


あと、似たようなtouchy subject関係で、アメリカの”あっさりさ”が表れていることといえば、親が再婚してできる、継母、継父関係がある。例えば、自分のお母さんが再婚して継父がいるとすれば、人にこの継父の紹介や、話をする時に、はっきり”私の継父”と呼ぶ。アメリカのニュースでも、何かの事件があり、事件に巻き込まれた子供の継父がインタビューを受ける時に、”被害者の継父”と画面に書いてある。そうよね、何も親が再婚したことが、恥ずかしいことじゃないもんね。まぁ、日本ではそういう事実を恥じているわけではなくても、わざわざ、おおっぴらに”私の継父”と呼んだり、ニュース映像に出てくることはないという、違いがおもしろい。


バレバレ、見え見えでもよくて、あけっぴろげな、アメリカ。

違いを探すのはおもしろい~♪



★ブログランキング参加中・・・もしよかったら、お好きな方のバナーをクリックお願いします(^-^)


応援ありがとうございます♪ 応援ありがとうございます♪

テーマ:アメリカ合衆国
ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。